100%電話なしの保育士転職サイトおすすめ5選!しつこい着信ゼロ

最初から最後まで、電話が一切必要ない保育士転職サイトを紹介します。まず結論からおすすめサイトは以下の通りです。

完全電話なしの転職サイトおすすめはコレ

※ネット記事で”電話なし”と紹介されることの多い「保育士ワーカー」「ほいく畑」「マイナビ保育士」などは、全て電話ありなので鵜呑みにしないよう気をつけてください。

目次

保育士転職サイトの仕組み【電話あり/なしの違い】

保育士転職サイトの中で電話あり/なしはどのような違いがあるのか、簡単に説明します。

保育士転職サイトは、(1).紹介型転職サイト(2).求人広告型転職サイトに分類されます。

紹介型転職サイトは電話あり

紹介型転職サイトの例

保育士ワーカー / ほいく畑 / マイナビ保育士 / せんとなび保育

→全部電話あり

(1)紹介型転職サイトは、「登録すると担当者がつき、その担当者から求人を紹介してもらう」という仕組みです。担当者とやり取りするため、電話をするタイミングが発生します。紹介などのやり取りはLINE・メールでもできるものの、初回登録の面談は必ず電話で行う必要があります。

担当者とやり取りするので電話あり

求人広告型転職サイトは電話なし

これに対して、(2)求人広告型転職サイトは、求人情報が掲載されているだけのサイトです。担当者は存在しないので、電話をすることは一切ありません。

担当者が存在しないので、完全に電話なし

掲載されている求人にサイトから直接応募する流れになります。

まぎらわしいネット記事に注意

ネット記事では(1)紹介型転職サイトが「電話なし」と紹介されていることがありますが、これは誤りです。

保育士ワーカー / ほいく畑 / マイナビ保育士 / せんとなび保育…などは電話があります。

紹介型転職サイトは仕組み上、最低1回は電話面談をしなければなりません。ちなみに「電話面談の連絡」を無視すると、出るまで着信が来ます。

また、「電話面談」は希望条件などを伝えるために30分~1時間程度電話しなければなりません。

ネット記事をよく見ると、

「”しつこい電話なし”で使える(電話が一切ないとは言ってない)」
「担当者とのやり取りはLINEでできる(その前に電話面談が必要だが)」

このようなまぎらわしい表現で、(1)紹介型転職サイトに登録を促すものばかりなので、鵜呑みにしないようにしましょう。

100%電話なしで使える保育士転職サイトランキング

では、(2)求人広告型転職サイトに限定し、おすすめのサイトを厳選してランキング形式で紹介します。

1位.保育士スカウト|お祝い金あり&スカウトが届く

保育士スカウトは、比較的新しくできた保育専門の転職サイトです。自分で求人を探すやり方はもちろん、プロフィール項目を記入しておくと、施設からスカウトが届きます。

保育士スカウトには、継続支援金(お祝い金)がもらえるメリットもあります。

継続支援金は保育士スカウトのお祝い金のことで、保育士スカウト経由で応募し、採用された職場で60日働いたら誰でももらえます。金額は最大3万円です。採用後一定期間内の申請が必要なので忘れないようにしなければなりませんが、これだけでも利用する価値はあるでしょう。※(1)紹介型転職サイトにお祝い金制度はない

保育士スカウトでは保育園以外にも幼稚園、こども園、学童保育、放課後児童クラブ、放課後等デイサービス事業所など様々な保育関連施設の求人が掲載されています。また、運営母体も社会福祉法人や株式会社、NPO法人、自治体の公立施設など様々です。

2位.ジョブメドレー保育士|定番の求人広告型転職サイト

ジョブメドレー保育士は、保育園・幼稚園の求人を自分で探して応募する転職サイトです。紹介会社を介さないので、電話はありません。求人数は約30,000件とかなり多く、地方でも使えます。

園から直接スカウトが届く機能もあり、この点も「魅力的なスカウトが届く」と保育士さんから好評です。

こちらも、勤続支援金(お祝い金)がもらえるメリットもあります。正職員採用の場合は2万円前後、パートの場合は8,000円前後のお祝い金が受け取れます。

この他、応募書類を自動で作成する機能や、かなり細かい条件で検索できる仕様などが用意されており、電話なしの転職サイトではまず一番におすすめできます。

3位.コメディカルドットコム|医療福祉系職種の総合転職サイト

コメディカルドットコムは、医療系職種の求人を掲載している転職サイトです。

こちらも就業応援金制度が用意されており、保育士の正職員採用が決まるとおよそ25,000円が贈呈されます。

あくまで医療系がメインなので、保育士求人は6,000件と少なめ。ジョブメドレー保育士との併用がおすすめです。

4位.保育のお仕事ダイレクト|スカウト型の転職サービス

保育のお仕事ダイレクトは、スカウトに特化した転職サービスです。少々ややこしいのですが、主要サービス「保育のお仕事」は、(1)紹介型転職サイトです。この保育のお仕事ダイレクトは、そこから派生したサービスとなります。

「保育のお仕事ダイレクト」は保育業界に特化しており、登録すると施設からスカウトが届く、という流れで選考を受けていきます。(自分で探すわけでもないので、求人広告型転職サイトでもない)

ただスカウト経由での選考ということで、紹介会社との電話のやり取りはありません。

5位.保育パートナーズ|小規模だが併用もあり

保育パートナーズは、首都圏を中心に保育施設の求人を掲載している転職サイトです。2週間以内に登録された求人情報が優先的に表示される仕様になっているのも使いやすいですね。求人数は約4,000件と小規模ではあるものの、電話なしという点では併用もありかと思います。

電話なしの保育士転職サイト利用時の注意点

①転職活動は全て自分一人で行う必要がある

人材紹介と違い担当者が存在せず、自分で探して応募するという求人広告型転職サイトの仕組みは、見方によってはデメリットとなります。

例えば、転職活動に関わる以下のことを全て一人で行う必要があります。

  • 応募から面接日の調整
  • 入職日の調整
  • 条件面の交渉
  • 疑問点(聞きづらいこと)の質問

ちなみに紹介型転職サイトでは、これらを全て代行してくれます。

はじめての転職活動だと戸惑うことも多いかもしれません。判断に迷った時に誰も相談できないので、例えば「何をするにも誰かと一緒でないとダメな人」にとっては、不安が残ると思います。

「最初から最後まで孤独な転職活動」に不安を感じる方は、マイペースに探せるメリットよりも誰にも頼れないデメリットが上回ると思いますので、紹介型転職サイトを利用しましょう。(情報サイト「ほいてんサーチ」を使うと、地域に合った紹介型転職サイトを検索できます)

「一人でも大丈夫」という人にとっては、電話なしの求人広告型転職サイトはメリットの方が大きいので登録しておいて損はないでしょう。

②保育園から電話がくることはある

求人広告型転職サイトで保育園に応募すると、その後の流れは保育園の採用担当者次第で変わります。基本的にはサイトのチャット機能やメールを使ってやり取りしていくことになりますが、保育園によっては連絡が電話でくる場合もあります。その際は電話を無視しないように気を付けてください。

求人広告型転職サイトのよくある質問

サイトの仕組みについての質問

転職サイトはなぜ無料?

転職サイトは保育施設からお金をもらうビジネスモデルだからです。

保育施設は転職サイトに求人を掲載し、そこから採用が決まれば転職サイト運営者に利用料を支払います。

またそもそも転職系サービスでは、一般の求職者からお金をもらうのが禁止されています。

転職サイトを使う流れは?

以下の流れで進んでいきます。

  • 会員登録(本人確認)
  • 求人検索
  • 気になる施設に応募
  • 施設から連絡が来る(履歴書送付や面接日の調整)

気になることや疑問点があっても、サイト側で対応はできません。施設に直接問い合わせる必要があります。

転職サイトを使っていることは病院にバレる?

転職サイトには、事業所を先制ブロックする機能がついているので、バレることはありません。

また転職サイトを使っている施設がスカウトを送る際も、利用者の個人情報は閲覧できないようになっているので安心です。

転職サイトを使わないで転職する方法は?

以下のやり方があります。

  • 保育園に直接電話で問い合わせて応募
  • ハローワークの活用

ただハローワークは求人の質が悪いので、あまりおすすめできません。

転職活動についての質問

スカウトが届いたら採用確定ですか?

確定ではありません。スカウトはあくまでも「面接に来ませんか?」という提案にすぎず、スカウト経由で面接に行ったものの不採用になったというケースはよくあります。

求人広告型転職サイトでスカウトをもらうコツは?

プロフィールを埋めることと、希望条件を全て埋めておくことです。例えばジョブメドレーは、希望年収などを入力する欄があります。控えめな人は未入力にしていることもありますが、ここをしっかり入力しておくことで、施設側からの検索に引っかかりやすくなります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次