かいご畑から連絡こないのは紹介できる求人がないから

要約

かいご畑から連絡こない一番の理由は、紹介できる求人がないから。かいご畑は転職サイトの中でも求人が致命的に少なく(9,000件程度)、かなり小規模のサイト。この中から条件に合う職場を見つけるのは、正直相当難しい。こちらから連絡してもどうしようもないので、別の転職サイトを使ってみた方が良い。おすすめは求人数が業界トップクラスのレバウェル介護。19.4万件の求人を扱っており、かいご畑の約20倍。まずはこちらに乗り換えてみて求人を探してみると、転職活動がスムーズに進むと考えられる。

レバウェル介護(求人数トップクラスの転職サイト)で近くの求人探してみませんか?

4月は3月で退職した人が徐々に求人を探し出す頃。それに合わせて施設も求人をドンドン出す時期なので、転職活動を始めるには最高のタイミングですよー!

利用は完全無料、登録は30秒で終わります!

北海道 東北北海道 青森 岩手 秋田 宮城
山形 福島
関東東京 神奈川 埼玉 千葉
茨城 栃木 群馬
中部新潟 富山 石川 福井 山梨
長野 岐阜 静岡 愛知
近畿三重 滋賀 京都 大阪 兵庫
奈良 和歌山
中国 四国鳥取 島根 岡山 広島 山口
徳島 香川 愛媛 高知
九州 沖縄福岡 佐賀 長崎 熊本
大分 宮崎 鹿児島 沖縄
目次

かいご畑から連絡がこない理由

結論から言うと、今のあなたに紹介できる求人がないからです。

そもそもかいご畑は求人がかなり少ないサイト

実は、かいご畑は介護転職サイトの中でも致命的に求人数が少ないという特徴があり、なかなか条件に合う職場は見つかりにくいです。実際に比較すると以下の通り。

転職サイト求人数
レバウェル介護19.4万件
ミラクス介護13.5万件
マイナビ介護7.1万件
介護ワーカー4.4万件
カイゴジョブ4万件
かいご畑9,000件

求人数断トツのレバウェル介護と比較すると、1/20程度しかありません。

未経験・無資格OKが多いため、条件が多いと該当求人がない

それにかいご畑は、未経験・無資格OKの求人が多い特徴があります。未経験でも歓迎ということは、好条件を期待できそうにないですよね。給料や残業時間などの希望水準が高ければ、応募できる求人は出てきません。

では未経験者ならすぐ連絡が来るかというとそうでもなく、やはり求人の絶対数が少ないため、「紹介できる求人が出たタイミングで連絡が来る」といった流れになることが多いです。

登録後に一度も連絡がこないなら登録情報の不備

かいご畑に登録後、まだ一度も連絡が来てない場合は登録情報の不備が原因です。

基本的に登録した翌営業日までには、登録情報の確認の電話が入ります。(金曜の場合は週明け)

かいご畑登録ページから、再度情報を間違えないように入力してみてください。

連絡がこない場合、こちらから電話しても求人がないのでどうしようもない

かいご畑から連絡が来ない場合、対処法は基本的にありません。

一応催促の連絡を入れてみるのもアリですが、あまり期待はできないでしょう。他の転職サイトに乗り換えた方が確実です。

そもそも転職サイトは複数使って求人を探すやり方が一般的なので、かいご畑しか登録していない方は、ぜひ他のサイトで探してみてください。

おすすめはレバウェル介護|求人はかいご畑の20倍

ポイント
  • 求人数は19.4万件、業界トップクラス
  • Googleマイビジネスの口コミ評点で「総合評価No1」

レバウェル介護は、19.4万件の介護求人を扱う大型介護転職サイトです。求人数は業界トップクラス、15万を超えるサイトはレバウェル介護以外にほとんどなく、まさに桁が一つ違います。

これだけ多くの求人を扱っていますので、地方であってもよほど難しい条件を指定しない限り、「求人がない」とはなりにくいです。

また求人数だけでなくサービス全体でも質が高く、Googleマイビジネスの口コミ評点で「総合評価No1」を獲得した実績があります。求人数・質、アドバイザーの丁寧な対応が高く評価されてる転職サイトです。

介護転職サイトはそれぞれ強みがありますが、求人・担当者の対応ともに高水準のサービス品質のサイトで、どれか1つ選ぶとすれば、まずレバウェル介護をおすすめします。求人探しに妥協したくないという方は、ぜひサイトをチェックしてみてください。

介護転職でよくある質問

転職サイトに関する質問

転職サイトとは?

人材を採用したい施設と求職者をマッチングさせる人材紹介サービスです。以下のことをしてくれます。

  • 非公開求人の紹介
  • 施設への推薦(プッシュ)
  • 選考対策(書類添削や面接回答のアドバイス)
  • 給与交渉
  • 面接日時の取り決め代行(便利!!)

求職者側に費用は一切かかりません。情報収集のために使うのもアリです。

転職サイトはなぜ無料なのですか?

転職サイトは施設からお金をもらうビジネスモデルだからです。

施設に人材を紹介し、施設からの手数料を収益としています。なので求職者は完全無料で利用できるのです。

またそもそも人材紹介事業では、一般の求職者からお金をもらうのが禁止されています。

転職サイトは何社利用すべきでしょうか?

2~3つ併用するのがおすすめです。1つだと紹介求人数が少なくなりますし、アドバイスが偏ってしまいかねないからです。

掛け持ちするほど選択肢が増えて、転職期間が短くなる傾向にあります。

転職サイトを使っていることは施設にバレますか?

バレることはまずありません。施設は応募していない求職者情報を見れませんし、信用が命の人材紹介業は何より個人情報の扱いを徹底しているためです。

転職サイトではなく、スカウト型求人サイト(ジョブメドレーなど)であっても、企業ブロック機能がついているので、しっかりと対策していればバレることはないでしょう。

転職サイトを使うデメリットはありますか?

転職サイトは求職者の内定が決まって収益が出る仕組みなので、一部の悪質なエージェントに当たってしまうと、とにかく応募しましょう、と急かされることがあります。

転職の希望や軸が明確ならきっぱりと意思表示できると思いますが、押しに弱い人やエージェントが正しいと思いこんでしまう人は、本当は希望していない企業に応募してしまうこともあります。

転職サイトを利用する際には、希望条件や譲れない条件、NG条件などを明確にしておき、希望に沿わない求人は応募しないことが重要です。

転職サイトに断られることはありますか?

利用対象外の場合は、断られることがあります。例えば、キャリアが浅い・地方に住んでいるなどがよくあるケースです。

また、短期離職を繰り返していたり、ブランク期間が長すぎたりする場合は、「紹介できる求人はありません」とやんわり断られることもあります。

転職サイトの賢い選び方は?

複数まとめて登録し、最初のキャリア面談で「信頼できそう」と感じたところをメインで使うのが賢いやり方です。

転職サイトのサービス内容は、どれも求人紹介・選考対策・日程調整代行・年収交渉代行の部分は同じです。(利用無料でサービス内容に差がないので、エージェントは差別化が難しい業態)

また、転職サイトは、「どのサービスか」よりも「誰に担当してもらうか(担当エージェント)」が重要なので、まずは比較検討してみるのが良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次