介護転職サイトは複数登録した方がいい?【結論:性格次第】

要約

「転職サイトを掛け持ちすべきか」はあなたの性格次第。ネット・ブログ記事では長々と説明した上で複数登録を推奨しているが、全員に当てはまるわけではない。

結論から言うと、①日常的にLINEのやり取りを溜めがち、②優柔不断で決められない性格(例えば居酒屋のメニューは誰かに任せがち)のどちらかに当てはまる人は、モチベーションの低下や判断ミスの誘発など、掛け持ちが逆効果になることもある。まずは信頼できるサイト1つをメインに使うところから始めるのがおすすめ。イチオシはレバウェル介護、こちらは求人数19.4万件と桁違いに多く、わざわざ他の転職サイトを使わなくても求人の選択肢はかなり多くなる

※上記①②に該当しないなら、掛け持ちは「求人の選択肢が倍増する(サイトによって扱う求人は違うため)」「複数のアドバイスがもらえる」などメリットの方が上回る。

レバウェル介護(求人数トップクラスの転職サイト)で近くの求人探してみませんか?

4月は3月で退職した人が徐々に求人を探し出す頃。それに合わせて施設も求人をドンドン出す時期なので、転職活動を始めるには最高のタイミングですよー!

利用は完全無料、登録は30秒で終わります!

北海道 東北北海道 青森 岩手 秋田 宮城
山形 福島
関東東京 神奈川 埼玉 千葉
茨城 栃木 群馬
中部新潟 富山 石川 福井 山梨
長野 岐阜 静岡 愛知
近畿三重 滋賀 京都 大阪 兵庫
奈良 和歌山
中国 四国鳥取 島根 岡山 広島 山口
徳島 香川 愛媛 高知
九州 沖縄福岡 佐賀 長崎 熊本
大分 宮崎 鹿児島 沖縄
目次

転職サイトを掛け持ちする致命的なデメリット

掛け持ちするかどうかは、一般論でなくあなたの性格と照らし合わせて考える必要があります。

結論から言うと、

  • 日常的に友達や親とのLINEのやり取りを溜めがち
  • 決められない性格(例えば居酒屋のメニューは誰かに任せがち)

上記のどちらかに該当するのであれば、転職サイトの掛け持ちはしない方が良いです。まずは厳選した1つに登録するところからはじめてください。

なぜなら、以下のようなデメリットにつながるからです。

デメリット①煩雑なやり取りにより、モチベーションが低下してしまう

身近な例でいうと、例えば「マッチングアプリで複数の人とのやり取りが面倒になって退会した」のような経験がある方は、まず掛け持ちに向いていません。

というのも、介護転職サイトは専任担当者制で、転職活動は担当のアドバイザーとやり取りしながら進めていくのですが、そのやり取りする機会というのは意外と多いからです。

転職サイトとのやり取りとは?

転職サイトで担当者とやり取りが発生する(返信など何かしらのリアクションが必要)シチュエーション

  • ①登録後、確認と初回面談の日程調整の電話がくる
  • ②電話で初回面談を行う(30~60分程度)
  • ③紹介求人が届くので、全てに目を通してエントリーするか、保留にするか返信する
  • ④求人について詳しく知りたかったら、その都度LINEやメール、電話で確認
  • ⑤「履歴書を○日までに出してください」と言われるので作成して共有する
  • ⑥面接可能な日程を教えてください、と言われるので共有する(応募先の数だけ)
  • ⑦内定後は承諾をするかどうか、いつ入職できるかどうかを相談する

これだけでも結構多いと感じる方もいると思います。もちろん、時間がかかるのは②初回面談くらいで、あとは「LINEを返すだけ」のような細かい作業です。が、数が増えるほど割と後回しになってしまいがちです。

これがもし3サイト使うとなれば、返信・電話応対などの”しなければならないこと”は上記の3倍になります。

どのサイトと何のやり取りしていたのか混乱することもしばしば。休憩中にスマホを見たら、色んな転職サイトからの返信催促の通知が溜まっている、なんてこともあり得ます。放置すればまた催促が来ます。

「やらなければいけないこと」が増えるほど、モチベーションが下がっていくのは明らかです。

ポイント
転職活動はモチベーションが大事。ですが複数のサイトとのやり取りはしんどく、意外とモチベーションを削られます。

デメリット②選択肢が増えるほど、決められなくなる

ネット・ブログ記事では、複数登録により求人の選択肢が増えることを一様にメリットとして強調しています。

確かにこれはメリットなのですが、良い面ばかりではありません。

一つの転職サイトが最初に紹介してくれる求人数は、地域や条件によって変わりますが、目安およそ10件前後。視野を広げるためにという建前で、希望とはズレる求人を含めてそれ以上の案件を送ってくるサイトもあります。

3つの転職サイトを使えば、単純計算で30~50件ほど。それらすべてに目を通して比較検討し、エントリーするかしないかを決めていく必要があります。

まずこの時点で決められない性格の人にとっては負荷が大きいです。
居酒屋でも100種類のメニューから選ぶより、人気トップ5からの方が選びやすいのと同じように、選択肢は多ければ良いというわけではありません。

心理学でも「人は選択肢が多すぎると選べなくなり、やがて選択すること自体をやめることもある」と言われており(決定回避の法則)、転職のやる気そのものが失せてしまう可能性もあります。こちらもモチベーションの低下に影響します。

最終局面で誰にも頼れないかも

そしてなんとかエントリーする施設を決め、効率的に進めるために、候補の施設を併願してエントリーしたとします。

そこでもし、転職サイトXから応募したA施設、転職サイトYから応募したB施設に内定が出た場合、次なる迷いポイントです。

「A施設の方が条件が良いけど、B施設の介護職さんの方が印象が良かった。どっちを選ぶべきだろう…」このような状況になった時、あなたはどう判断しますか?

決められない性格の人は、自分よりも正しい判断ができる人にひとまず相談したくなると思います。転職サイトを一つだけ使っている場合、担当者に相談すれば、諸々の条件を加味した客観的なアドバイスがもらえます。

ですが、複数掛け持ちしていて、それぞれのサイト経由で選考を受けていた場合、それはできません。

なぜなら、転職サイトX、Yは両方とも、自サイト経由の施設に内定承諾してほしいからです。※転職サイトは、自分たち経由で内定が決まった場合、成果報酬として施設から手数料を受け取ります。

なので、「ウチから受けた施設にしましょう!」と全力でクロージングをかけてきます。客観的なアドバイスなどもらえません。(もっというと、転職サイトXの担当者は、B施設のことなど知りませんからアドバイスのしようがありません。逆もまた然り)

したがって、内定先を決めるという人生最大の局面で、プロからのアドバイスなど受けられず、自分で判断しなければならなくなるのです。

ポイント
もちろん、これはやや限定的な例ですが、転職サイトの掛け持ち数を増やすほど、迷うシチュエーションが増えるというのは大きなデメリットです。

ここまでの結論

転職サイトは掛け持ち数が増えるほど、やり取りが煩雑になります。スケジュール管理が苦手で物事を先延ばしにしがちな人はまず無理でしょう。

また優柔不断な人は、複数利用して選択肢を増やすことよりも、「この担当者なら信頼できる」という1人を見つける方が大事です。そうすれば、転職活動で迷った時に、決断のサポートをしてもらえます。

ここまでの内容に当てはまった方は、「このサイトを使う」と1つに絞って、まずはそのサイトの担当者と二人三脚で進めていくのが賢明です。

掛け持ちではなく「複数試しに登録して、1つ選ぶ」が賢い選び方

上記性格に該当する人に掛け持ちは推奨していませんが、最初に複数登録するのはアリです。

3サイトを並行して使う掛け持ちではなく、例えば、最初に3サイトに登録し、それぞれの担当者と面談して一番相性が良かった人のサイトを1つ使う、というやり方です。

というのも、転職サイトによっては担当者が性格の合わない人だったり、新人だったりするパターンもあるからです。性格的に相性が悪い人に当たってしまうと、何から何までストレスになります。※担当者変更も可能ではありますが、理由を伝えたりまたイチから情報共有したりなど少々面倒です。

複数登録しておけば、洋服を買う時に何着か試着して最も似合う1つを決めるのと同じように、扱っている求人担当者の人柄、コミュニケーションの取りやすさを比較して見極めた上で、求人を探すことができます。

いきなり合わせもせず買うことはないですよね

そもそも転職サイトはどれも完全無料なので、いくつ使っても損はありません。

むしろ、最初から1つのサイトに絞ってしまい、他のサイトで扱っている求人に辿りつけない方が損と言えるでしょう。

まずは複数登録し、その中で一番相性が良かった人に任せるというやり方であれば、転職サイト選びの失敗は回避できます。

それ以外の性格の人にとって、掛け持ちはメリットが上回る

先ほど列挙した「先延ばし癖」「優柔不断」に特に該当しないという方は、掛け持ちでの利用がおすすめです。

なぜなら以下のようなメリットがあるからです。

メリット①複数のアドバイスをもらえる

掛け持ちの一番のメリットは、複数の担当者からアドバイスをもらえることです。これは選考の段階でかなり役立ちます。

例えば応募書類を作成する際に、「これまでの職務内容で強調すべきところはどこか」「自己PRをどのように書けば良いか」といったアドバイスをもらえます。

キャリアアドバイザーはこれまで何十人~何百人もの応募書類を見てきた目利きなので、かなり実用的なアドバイスになると思います。それが1人ではなく3人から提案を受けられるとなれば、応募書類で悩むようなことはまずなくなるでしょう。最強の応募書類の完成です。

このように、複数の視点から転職活動に関する知見を得られるのが掛け持ちの最大のメリットです。

メリット②求人の選択肢が増える

転職サイトを掛け持ちすることで、単純に求人の選択肢が増えます。例えば、求人数19.4万件のレバウェル介護と求人数7.8万件ジョブメドレー介護を掛け持ちしておけば「紹介された求人で魅力的なものがない」というケースはまずなくなるでしょう。

紹介できる求人があるかどうかは、その転職サイトが保有している求人数次第なので、極端に言えば登録サイト数を増やせば増やすほど、良い求人が見つかる確率は高まります。

掛け持ちで発生し得るトラブル

転職サイトの掛け持ちはメリットが大きいですが、同時にトラブルが発生するリスクもあります。ここでは掛け持ちで起こり得るトラブルを全て解説しますので、しっかり把握して回避しましょう。

①重複で応募が進んでしまう

複数のサイトから同じ施設に応募してはいけません。「どのサイト経由での採用になったか」がややこしくなると、採用後の施設と転職サイトの間で、紹介料の支払いのトラブルが発生するからです。

あなた自身には被害はないですが、これから働く施設に迷惑をかけてしまうことになるので、重複応募は避けましょう。

複数の転職サイトを使う場合、情報を一括に集約できないので、「どの施設を検討していて、どこに応募したか」の抜け漏れが生じやすくなります。担当者も別のサイトの案件は把握していませんから、転職活動にまつわる情報は全て自分で管理しなければなりません。

なので、手帳やメモアプリなどを使って、検討施設一覧をまとめ、併せて”どの転職サイト経由で紹介された求人か”も書き加えておきましょう。

②情報がこんがらがる

転職サイトの掛け持ちは、数が増えるほど情報が錯綜し、管理しきれなくなります。

「転職サイトXから応募したと思っていたが、違うサイトからだった」「面接可能日程を共有したつもりだったが、できていなかった」など、転職活動が非効率になるだけでなく、選考に影響するケースも想定されます。

転職サイトとのやり取りも、ナスカレなどのアプリにまとめておくと良いでしょう。

③内定承諾を急かされる

複数の転職サイトを使っている場合、担当者から「他社経由の応募状況はどうですか?」と逐一きかれます。(うっとうしいくらい)

そして、もし転職サイトXからエントリーしたA施設で内定が出て、転職サイトYからエントリーしたB施設が選考中…という状況になった場合、転職サイトXは「内定承諾しましょう」「○日までに承諾してください」とかなり圧をかけてくることがあります。

なぜなら、もし転職サイトYからエントリーしたB施設に転職されてしまうと、転職サイトXはタダ働きになるからです。

転職サイトは自社経由で採用が決まった場合、施設から手数料を受け取るというビジネスモデルなので、他社経由で採用が決まってしまえば、1円も儲かりません。

これはビジネスモデル上仕方がないので回避はできませんが、ペースを乱されないように意識することはできます。もし内定承諾を急かされても「B施設の内定が決まってから比較検討します」と伝え、冷静に判断しましょう。

まずは評価されていて信頼できる転職サイト1つに登録してみるところから始めよう

口コミ評価が高く、求人数に強みのある転職サイトを以下にまとめました。特に1位のレバウェル介護は求人数が断トツで多く、「Googleマイビジネス評価」にて、総合評価No1を獲得した実績があるので、迷ったらこちらがおすすめです。

スクロールできます
転職サイト求人数評価強みエリア
レバウェル介護
1位.レバウェル介護
19.4万[件]4.78圧倒的な求人数の多さ
Googleマイビジネス評価口コミ総合No1
全国

2位.ジョブメドレー介護
7.8万[件]4.62会員数200万人突破
転職決定でお祝い金あり(条件付き)

3位.介護ワーカー
4.5万[件]4.61積極的なサポートが特徴
派遣も可能
全国
介護・福祉の求人・転職なら【マイナビ介護職】
4位.マイナビ介護職
7.2万[件]4.55人材業界大手のサービス
若手の転職がメイン
全国

5位.e介護転職
12.5万[件]4.39業界大手で知名度が高いサイト
求人ごとの情報量が少ない
全国

6位.介護求人ナビ
7.2万[件]4.21業界大手で知名度が高いサイト
求人数は多いが、同じ事業所の求人が重複している
全国
求人数:2024年3月時点

レバウェル介護|求人数トップクラス!Google口コミ評価総合No1実績あり

レバウェル介護は、19.4万件の介護求人を扱う大型介護転職サイトです。求人数は業界トップクラス、15万を超えるサイトはレバウェル介護以外にほとんどなく、まさに桁が一つ違います。

また求人数だけでなくサービス全体でも質が高く、Googleマイビジネスの口コミ評点で「総合評価No1」を獲得した実績があります。求人数・質、アドバイザーの丁寧な対応が高く評価されてる転職サイトです。

介護転職サイトはそれぞれ強みがありますが、求人・担当者の対応ともに高水準のサービス品質のサイトで、どれか1つ選ぶとすれば、まずレバウェル介護をおすすめします。求人探しに妥協したくないという方は、ぜひサイトをチェックしてみてください。

ジョブメドレー介護|会員数200万人突破の老舗サイト

ジョブメドレー介護は、直接応募型の介護転職サイトです。担当者が仲介しないので転職サポートは一切ありませんが、その分マイペースに求人を探したい方にはおすすめできます。

求人数は7.8万件とかなり多く、求人探しには非常に役立ちます。またジョブメドレー介護経由で採用が決まり、一定期間仕事が続けば「勤続支援金(お祝い金)」をもらえる制度もあります。(1~3万円ほど)

掛け持ちサイトとして利用されることも多いです。レバウェル介護+ジョブメドレー介護といった組み合わせで登録すれば、応募先が見つからないことはまずないでしょう。

よくある質問 / 転職ノウハウ

転職サイトに関する質問

転職サイトとは?

人材を採用したい施設と求職者をマッチングさせる人材紹介サービスです。以下のことをしてくれます。

  • 非公開求人の紹介
  • 施設への推薦(プッシュ)
  • 選考対策(書類添削や面接回答のアドバイス)
  • 給与交渉
  • 面接日時の取り決め代行(便利!!)

求職者側に費用は一切かかりません。情報収集のために使うのもアリです。

転職サイトはなぜ無料なのですか?

転職サイトは施設からお金をもらうビジネスモデルだからです。

施設に人材を紹介し、施設からの手数料を収益としています。なので求職者は完全無料で利用できるのです。

またそもそも人材紹介事業では、一般の求職者からお金をもらうのが禁止されています。

転職サイトは何社利用すべきでしょうか?

2~3つ併用するのがおすすめです。1つだと紹介求人数が少なくなりますし、アドバイスが偏ってしまいかねないからです。

掛け持ちするほど選択肢が増えて、転職期間が短くなる傾向にあります。

転職サイトを使っていることは施設にバレますか?

バレることはまずありません。施設は応募していない求職者情報を見れませんし、信用が命の人材紹介業は何より個人情報の扱いを徹底しているためです。

転職サイトではなく、スカウト型求人サイト(ジョブメドレーなど)であっても、企業ブロック機能がついているので、しっかりと対策していればバレることはないでしょう。

転職サイトを使うデメリットはありますか?

転職サイトは求職者の内定が決まって収益が出る仕組みなので、一部の悪質なエージェントに当たってしまうと、とにかく応募しましょう、と急かされることがあります。

転職の希望や軸が明確ならきっぱりと意思表示できると思いますが、押しに弱い人やエージェントが正しいと思いこんでしまう人は、本当は希望していない企業に応募してしまうこともあります。

転職サイトを利用する際には、希望条件や譲れない条件、NG条件などを明確にしておき、希望に沿わない求人は応募しないことが重要です。

転職サイトに断られることはありますか?

利用対象外の場合は、断られることがあります。例えば、キャリアが浅い・地方に住んでいるなどがよくあるケースです。

また、短期離職を繰り返していたり、ブランク期間が長すぎたりする場合は、「紹介できる求人はありません」とやんわり断られることもあります。

転職サイトの賢い選び方は?

複数まとめて登録し、最初のキャリア面談で「信頼できそう」と感じたところをメインで使うのが賢いやり方です。

転職サイトのサービス内容は、どれも求人紹介・選考対策・日程調整代行・年収交渉代行の部分は同じです。(利用無料でサービス内容に差がないので、エージェントは差別化が難しい業態)

また、転職サイトは、「どのサービスか」よりも「誰に担当してもらうか(担当エージェント)」が重要なので、まずは比較検討してみるのが良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次