【介護求人ラボの口コミ評判】求人探しに使えるか検証

要約

介護求人ラボは全国の求人を扱う介護職転職サイト。しかし2022年サービス開始と新しいサービスのためか、ネット上に口コミはほとんどなく、利用実態や満足度は現時点で不明。求人数は2.7万件で大手と比べるとかなり少ない。

利用実績が多く客観的に評価されているサイトを使いたいなら、まずは大手のレバウェル介護など併用するのが安心。レバウェル介護はGoogleマイビジネス口コミ評価で総合No1を獲得した実績があり、かつ求人数もことメディカル介護の7倍以上。こちらと掛け持ちして使うのがおすすめ。

レバウェル介護(求人数トップクラスの転職サイト)で近くの求人探してみませんか?

4月は3月で退職した人が徐々に求人を探し出す頃。それに合わせて施設も求人をドンドン出す時期なので、転職活動を始めるには最高のタイミングですよー!

利用は完全無料、登録は30秒で終わります!

北海道 東北北海道 青森 岩手 秋田 宮城
山形 福島
関東東京 神奈川 埼玉 千葉
茨城 栃木 群馬
中部新潟 富山 石川 福井 山梨
長野 岐阜 静岡 愛知
近畿三重 滋賀 京都 大阪 兵庫
奈良 和歌山
中国 四国鳥取 島根 岡山 広島 山口
徳島 香川 愛媛 高知
九州 沖縄福岡 佐賀 長崎 熊本
大分 宮崎 鹿児島 沖縄
目次

介護求人ラボの特徴

介護求人ラボは、全国の施設求人を扱う介護職専門の転職サイトです。「お役立ち情報」という名目で転職関連の記事も公開しています。運営会社の株式会社ファミリーサポートは、厚生労働省が定める「適合紹介事業者」に認定されており、これはいわば国がきちんとしたサービスですと認めた証です。この点は安心材料になると思います。

介護求人ラボの口コミ評判

2022年1月と割と最近に始まったサービスであるためか、ネット上に利用者の口コミはありませんでした。したがって、現時点での満足度は不明です。ご利用経験のある方は、ぜひアンケートへのご協力をお願いします。

アンケートご協力のお願い

当メディアでは、転職サービス(転職エージェント、人材紹介会社)を利用した方向けのアンケートを実施しています。あなたが過去に転職サービスを利用した経験があれば、ぜひご協力ください。

口コミは見つかり次第、追記します。公式サイトに利用者の声が記載されていますが、公式が収集したアンケートにネガティブな意見が載ることはないため、参考になるかは不明です。

基本的に転職サイトは「電話しつこい」などの不満が投稿されがちですが、そういった口コミも見られないため、その点は安心して良いでしょう。

とはいえ、利用満足度は不明なので、客観的に評価されているサイトと併せて使うのがおすすめです。

介護求人ラボの求人数

2024年1月時点の介護士求人数は約2.7万件。関東・関西エリアがメインです。大手サイトと比較するとかなり少なく、正直物足りません。

転職サイト求人数
レバウェル介護19.4万件
ミラクス介護13.5万件
マイナビ介護7.1万件
介護ワーカー4.4万件
カイゴジョブ4万件
介護求人ラボ2.7万件
かいご畑9,000件

妥協なく転職先を探すなら、大手転職サイトと掛け持ちしておくことをおすすめします。例えば最大手レバウェル介護は、介護求人ラボの7倍以上の求人を扱っており、条件を細かく絞り込んでも該当求人がかなり見つかります。

介護求人ラボ+(プラス)とは

介護求人ラボ+は、管理職に特化した派生サービスです。管理者・施設長に限定し、年収アップ・キャリアアップの転職を支援してくれます。

介護転職サイトの中でハイクラス層に特化したサービスはこれ以外に存在しないので(2024年3月時点)、管理職の方は利用する価値があると思います。

介護求人ラボで受けられるサービス

  • 求人紹介
    …新着求人が出ると、送ってくれます
  • 選考対策や面接の日程調整
    …書類作成をアドバイスしてくれたり、面接日時の調整を代行してくれたりします
  • 転職相談
    …転職するか迷っている段階でも話を聞いてもらえます。

サービス内容は、一般的な転職サイトと同じです。

まずは大手サイトとの併用がおすすめ

介護ギフトは、特別悪い評判が多いサイトというわけでもないので利用してみる価値はあるでしょう。「Indeedなどで気になる求人を見つけて、その紹介会社が介護求人ラボだった」という方は、登録してみても良いと思います。

ただ評判が不明なので、気になる方は客観的な口コミで高く評価されている転職サイトを掛け持ちしておくことをおすすめします。

口コミ評価が高く、求人数に強みのある転職サイトを以下にまとめました。特に1位のレバウェル介護は求人数が断トツで多く、「Googleマイビジネス評価」にて、総合評価No1を獲得した実績があるので、迷ったらこちらがおすすめです。

スクロールできます
転職サイト求人数評価強みエリア
レバウェル介護
1位.レバウェル介護
19.4万[件]4.78圧倒的な求人数の多さ
Googleマイビジネス評価口コミ総合No1
全国

2位.ジョブメドレー介護
7.8万[件]4.62会員数200万人突破
転職決定でお祝い金あり(条件付き)

3位.介護ワーカー
4.5万[件]4.61積極的なサポートが特徴
派遣も可能
全国
介護・福祉の求人・転職なら【マイナビ介護職】
4位.マイナビ介護職
7.2万[件]4.55人材業界大手のサービス
若手の転職がメイン
全国

5位.e介護転職
12.5万[件]4.39業界大手で知名度が高いサイト
求人ごとの情報量が少ない
全国

6位.介護求人ナビ
7.2万[件]4.21業界大手で知名度が高いサイト
求人数は多いが、同じ事業所の求人が重複している
全国
求人数:2024年3月時点

レバウェル介護|求人数トップクラス!Google口コミ評価総合No1実績あり

レバウェル介護は、19.4万件の介護求人を扱う大型介護転職サイトです。求人数は業界トップクラス、15万を超えるサイトはレバウェル介護以外にほとんどなく、まさに桁が一つ違います。

また求人数だけでなくサービス全体でも質が高く、Googleマイビジネスの口コミ評点で「総合評価No1」を獲得した実績があります。求人数・質、アドバイザーの丁寧な対応が高く評価されてる転職サイトです。

介護転職サイトはそれぞれ強みがありますが、求人・担当者の対応ともに高水準のサービス品質のサイトで、どれか1つ選ぶとすれば、まずレバウェル介護をおすすめします。求人探しに妥協したくないという方は、ぜひサイトをチェックしてみてください。

ジョブメドレー介護|会員数200万人突破の老舗サイト

ジョブメドレー介護は、直接応募型の介護転職サイトです。担当者が仲介しないので転職サポートは一切ありませんが、その分マイペースに求人を探したい方にはおすすめできます。

求人数は7.8万件とかなり多く、求人探しには非常に役立ちます。またジョブメドレー介護経由で採用が決まり、一定期間仕事が続けば「勤続支援金(お祝い金)」をもらえる制度もあります。(1~3万円ほど)

掛け持ちサイトとして利用されることも多いです。レバウェル介護+ジョブメドレー介護といった組み合わせで登録すれば、応募先が見つからないことはまずないでしょう。

介護転職でよくある質問

転職サイトに関する質問

転職サイトとは?

人材を採用したい施設と求職者をマッチングさせる人材紹介サービスです。以下のことをしてくれます。

  • 非公開求人の紹介
  • 施設への推薦(プッシュ)
  • 選考対策(書類添削や面接回答のアドバイス)
  • 給与交渉
  • 面接日時の取り決め代行(便利!!)

求職者側に費用は一切かかりません。情報収集のために使うのもアリです。

転職サイトはなぜ無料なのですか?

転職サイトは施設からお金をもらうビジネスモデルだからです。

施設に人材を紹介し、施設からの手数料を収益としています。なので求職者は完全無料で利用できるのです。

またそもそも人材紹介事業では、一般の求職者からお金をもらうのが禁止されています。

転職サイトは何社利用すべきでしょうか?

2~3つ併用するのがおすすめです。1つだと紹介求人数が少なくなりますし、アドバイスが偏ってしまいかねないからです。

掛け持ちするほど選択肢が増えて、転職期間が短くなる傾向にあります。

転職サイトを使っていることは施設にバレますか?

バレることはまずありません。施設は応募していない求職者情報を見れませんし、信用が命の人材紹介業は何より個人情報の扱いを徹底しているためです。

転職サイトではなく、スカウト型求人サイト(ジョブメドレーなど)であっても、企業ブロック機能がついているので、しっかりと対策していればバレることはないでしょう。

転職サイトを使うデメリットはありますか?

転職サイトは求職者の内定が決まって収益が出る仕組みなので、一部の悪質なエージェントに当たってしまうと、とにかく応募しましょう、と急かされることがあります。

転職の希望や軸が明確ならきっぱりと意思表示できると思いますが、押しに弱い人やエージェントが正しいと思いこんでしまう人は、本当は希望していない企業に応募してしまうこともあります。

転職サイトを利用する際には、希望条件や譲れない条件、NG条件などを明確にしておき、希望に沿わない求人は応募しないことが重要です。

転職サイトに断られることはありますか?

利用対象外の場合は、断られることがあります。例えば、キャリアが浅い・地方に住んでいるなどがよくあるケースです。

また、短期離職を繰り返していたり、ブランク期間が長すぎたりする場合は、「紹介できる求人はありません」とやんわり断られることもあります。

転職サイトの賢い選び方は?

複数まとめて登録し、最初のキャリア面談で「信頼できそう」と感じたところをメインで使うのが賢いやり方です。

転職サイトのサービス内容は、どれも求人紹介・選考対策・日程調整代行・年収交渉代行の部分は同じです。(利用無料でサービス内容に差がないので、エージェントは差別化が難しい業態)

また、転職サイトは、「どのサービスか」よりも「誰に担当してもらうか(担当エージェント)」が重要なので、まずは比較検討してみるのが良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次