会社で一人ぼっちの人が知らないうちにやっているNG行動とは

会社でぼっちです。居心地が悪い…

会社に仲の良い人がいないと、なんとなく居心地が悪いですよね。

会社でぼっちなのには、メリットもデメリットもありますが、完全に孤立した状態が続くのは避けたいかと思います。

実は、会社でぼっちになりがちな人は、本人が気づかないうちに「ぼっちになりやすい行動」をとってしまっていることがあります。

この記事では、そのNG行動を解説しつつ、どうすれば会社で良好な人間関係が築けるのかといった部分に言及していきます。

目次

会社で一人ぼっちはよくある話

会社で一人ぼっちというのは実によくある話です。

雑談が盛り上がらない

会社で働いていると、どうしても雑談をしなければならない機会があります。しかし、普段から一人ぼっちの人は、その時の雑談が盛り上がらず、ちょっと気まずい思いをしてしまいますよね。関係性を築いていれば、些細な話題から話を膨らませることができますが、普段から日常的にやり取りすることがない人同士だと、どうしてもぎこちない変な空気になってしまいます。

飲み会の時間が長く感じる

会社で一人ぼっちが当たり前になると、全員参加が原則の飲み会などに行った場合、かなり苦痛です。話が盛り上がることもなく、仕方なく参加している感じで、飲み会の時間がとても長く感じます。早く帰りたいという雰囲気が相手にも伝わっていると、なおさら会話の輪に入れないようになっていき、つまらない時間になりがちです。

【結論】今の会社で5年以上働くつもりなら、一人ぼっちはデメリットが大きい

会社で孤立することは、良いことなのでしょうか悪いことなのでしょうか。結論から言うと、今の会社で5年以上働くつもりであれば、一人ぼっちはデメリットの方が大きいです。

仕事は情報戦。一人ぼっちだと情報が得られない

一人ぼっちの大きなデメリットとして、情報が得られづらいということがあります。仕事に必要な情報というのは、意外と会議などではなく雑談や何気ない会話に潜んでいることもあります。飲み会の最後に出た話の方が、自分の成長にとってより有益なこともあります。コミュニケーションが苦手で、1人が好む場合、こうした機会が単純に減ってしまうため、情報を得られる確率や成長の機会も当然逃してしまうことになります。

仕事は人と人の関わりが大事。コミュニケーションが円滑でないと業務に支障が出る

仕事を円滑に進める上で、人と人との関わりは実は最も重要だと言えます。コミュニケーションが円滑でないと業務に支障が出るからです。例えば、無理なお願いをされても、その人が信頼できる人であれば助けになってあげようと思えることもあります。また、居心地が良く、話しやすい人と仕事をしたいと思うというのも自然なことです。極端な例ですが、めちゃくちゃ冷たいけどめちゃくちゃ仕事ができる人よりも、一緒にいて働いていて楽しい人と働きたいという人の方が大半なのです。

会社に行くモチベーションが上がらない

会社に仲の良い人がいないと、会社に行くモチベーションが上がらないことがあります。もちろん、会社は友達づくりのために行っているわけではありませんが、人と人との関わりが大切です。些細な雑談や一緒に何かをすることに喜びを見出すことがあります。例えば、職場の同僚と同じドラマを見て感想を共有するなど、些細なことでも積み重ねれば会社に行くモチベーションになることがあります。

ひとりぼっちは健康に悪影響との研究ある

ある研究によると、孤独は健康に悪影響を与えることが分かっています。孤独感が死亡率を26%高めるというデータもあります。孤独を感じることによって、ストレスから体の中で炎症が発生し、血管系の疾患、例えば心血管疾患、脳血管疾患を発症するという研究もまた、免疫力が下がって感染症にかかりやすくなるため、肺炎など呼吸器系の疾患にかかってしまうというデータもあり、さらに、孤独は自殺を引き起こすリスクもあるとされているようです。 一方で、社会的なつながりがあると、健康的な生活を送れる傾向があることも分かっています。つながりがある場所では心理的ストレスが少なく、比較的ストレスフリーで過ごせるためです。

上司からの評価が低くなり、給与や昇進に影響する

会社で一人ぼっちということは、上司とも親密な関係を築けていない可能性がありますよね。その場合、評価に悪い影響も与えることがあるでしょう。人事評価というのは非常に曖昧で、個人の主観で評価が下がることがあります。愛想が良くて要領の良い人ほど出世するといった具合です。したがって、自分が一人ぼっちでいいやと周囲とのコミュニケーションを断ってしまうと、協調性に欠けると判断されることもありますし、上司から「いけすかないな」という評価を受けてしまえば、あなたの仕事の頑張りの足を引っ張ってしまうことになります。

愚痴や不満などの正直な気持ちを言える相手がいないのでストレスが溜まるばかり

会社で一人ぼっちだと、愚痴や不満など、正直な気持ちを言える相手がいないため、ストレスが蓄積してしまいます。また、本音を言わずに表面的な付き合いしかできないため、どこか心の壁を作ってしまい、ひとりぼっちになりやすいです。そうなると、不満や愚痴を解消する方法がなく、1人でどんどん溜め込んでしまい、相談できる相手がいないため視野が狭くなり、その結果ミスをしてしまうなど、悪影響も出てしまうかもしれません。

ただし、仕事の重要度が低い人にとっては、ぼっちはメリットばかり

これまで、今の会社にずっといようと考えている人や、仕事ができるようになりたいという人に向けてデメリットを解説しましたが、仕事の重要度が低い人にとってはメリットがあります。

交流しない「キャラ」になり、ノリが悪くても何も言われない

ぼっちの一番のメリットは、交流しないキャラになれることです。そうすれば、ノリが悪くても周りから何も言われることがありません。あの人はああいうキャラだからといった感じで許されるのです。もちろん、今の会社で長く勤めていくつもりならば、これはデメリットの方が大きいかもしれません。しかし、会社にしがみつく気がない人にとっては、別に気にしなくていいことなので、余計な人付き合いをしなくて済むというのは大きなメリットでしょう。

気が乗らないランチや飲み会に行かなくて済む

会社での孤独が当たり前になると、気が乗らないランチや飲み会に参加する必要がなくなります。こういった場面で断るのは面倒ですが、一匹狼キャラが定着すれば、向こうから誘われなくなるため、心理的な負担もなくなります。

プライベートを充実させられる

人付き合いが面倒な会社で働いている人は、仕事終わりに飲みに行くのはもちろん、土日でも上司とゴルフに行ったりサウナに入ったりしなければならないことが多いです。しかし、会社で1人ぼっちのキャラクターが定着すると、そういったことに誘われずに済むため、自分の時間をしっかりと持つことができます。仕事に対する重要度が低い人にとっては、メリットが大きいと言えます。出世することを目指す人は、上司と良好な関係を築く必要がありますが、そうでない場合は、自分の時間を自由に使えば良いのです。

まずは原因を知ることから。会社で一人ぼっちの人が知らずにやっているNG行動

会社で一人ぼっちになるのは避けたいものです。実際、孤立しがちな人は自分でも気づかないうちにNG行動をとってしまっていることが多いものです。以下では、そのNG行動を解説するので、自分がついやってしまっていないかをチェックしながら読んでみてください。

無意識にコミュニケーションを避けている

会社で孤立しやすい人は、実は無意識にコミュニケーションを避けていることが多いです。会話の続け方が分からないというケースがほとんどだと思いますが、雑談が持ち上がらない気まずさを解消しようとその場を去りたそうな空気を出してしまい、周囲から「話しかけない方がいいのか」と判断されてしまっている可能性が高いです。

話しかけられ待ちをしている

会社で孤立しやすい人は、積極性に欠けていることが多いです。話しかけられるまで待っていたり、複数人がいると誰かが話題を提供してくれるだろうと考え、人任せにしてしまっている人も少なくありません。しかし、相手からすると無口な人と思われてしまい、雑談も盛り上がりません。また、向こうから話しかけてこないと、「自分と話したくないのかな」と誤解されることもあります。話しかけられるまで待っている人は、話題が思いつかないことがほとんどですが、話題提供を他人に任せ過ぎると、コミュニティに入りづらくなり、孤立してしまいがちです。

自分から挨拶をしない

話しかけられて待っているというのと近い話ですが、会社で一人ぼっちになりやすい人は、自分から挨拶をしない傾向があります。誰かから挨拶をされた場合には返すといった受け身の姿勢が体に染み付いているため、日常会話でも話しかけられた場合には返すだけで、それ以上は広げないといったパターンになってしまいます。こうした行動から、周囲から見れば、人とコミニケーションをあまり取りたくない人だという印象を与えてしまうかもしれません。

他人から「評価される」と思いすぎ

会社で一人ぼっちになりやすい人は、日常会話や雑談が苦手なことが多いが、こういう人は自分が他人から評価されていると思いすぎる傾向があります。言い換えると、自分がどう思われているのかを気にしすぎてしまっているということです。コミュニケーションや雑談においては、意外と内容よりも馬の空気や話し方の方が重要で、実は内容は何でもいいんです。何を話せばいいかなぁと考えすぎてしまう人は、例えば目の前にあるものについて話すなど、ハードルを下げて話題を見つけることが大切です。自分の発言が相手にどういう印象を与えるかを考えすぎると、当然会話のテンポも悪くなりますし、考えすぎた結果、変なことを言ってしまうこともよくあります。

リアクションが薄い

会社で一人ぼっちになりやすく、間に入れない人というのは、自分が思っている以上にリアクションが薄い可能性があります。円滑な会話のキャッチボールには、お互いの相槌やリアクションが大事です。しっかりと相槌を打って話を聞いてくれていると思えば、相手もどんどんしゃべってくれます。この人自分の話を聞いてくれないなという人とは、仲良くなろうとは思わないでしょう。リアクションが薄い人というのは、友達などから「話聞いてる?」と言われることが多いです。本人としては聞いているつもりでも、表情が全く動いていなかったり、相槌が一辺倒だったりする可能性があります。会社で一人ぼっちになってしまう人は、自分のリアクションがちゃんと相手に伝わっているかどうかを意識する必要があります。

仕事とプライベートを分ける派

仕事とプライベートを別物と考えている人は、無意識に職場の同僚との壁を作ってしまい、その結果、一人ぼっちになる可能性があります。もちろん、仕事とプライベートをきちんと分けることは悪いことではありませんが、あまりにも過剰な場合は、職場の同僚との距離を感じられてしまいます。例えば、プライベートの話を全くしない人がこれに当たります。

仕事さえしていればいいという考え方

仕事においては、結果さえ出せば仲良くする必要はないという考え方が心のどこかにある場合、それが行動に反映されている可能性があります。もちろん、友達同士で仕事しているわけではないので馴れ合う必要はありませんが、仕事ができれば良いという考え方を持つ人のコミュニケーションは、どこか冷淡な印象を与えてしまいます。先ほども書いた通り、仕事をする上では、同僚や上司と仲の良い関係を築くことが大切になってきます。そのため、このような考え方を持つ人は、仕事場で孤立しやすく、仕事や成果もうまく出ないという悪循環に陥りがちです。

一人ぼっちになりやすい環境

一人ぼっちになりやすい職場環境というのも存在します。

同期がいない

同期がいない環境というのは当然ながら、一人ぼっちになりやすいです。何でも話せる人がいないので、自分がその会社の中で1番できないという状態からスタートしてしまいます。そのため、自己肯定感も低くなり、積極的に人と関わろうという気分もなくなってしまいます。天職だと同期入社がいないということもよくある話なので、特に規模が小さい会社の場合は一人ぼっちになってしまいがちです。

周りに同世代がない

周りに同世代の人がいない環境だと、一人ぼっちになりやすくなります。話が合わなかったり、世界が違うことで価値観の相違が生まれることもあります。具体的に言うと、「自分の年齢±4歳くらいで、趣味や話が合う人」がいないと、一人ぼっちになりやすいでしょう。

転職して半年以内しか経ってない

転職して半年ほどしか経っていない場合、一人ぼっちであっても仕方がない時期だと言えます。入社して3ヶ月ほどで、それなりに仕事ができるようになりそうな時期になると、周りの人と仲良くなろうとする余裕も生まれます。また、仕事ができるようになることで、周りに迷惑をかける瞬間が減り、円滑な関係性づくりにつながります。

脱・一人ぼっちをするなら、明日から意識してほしい5つのこと

このドキュメントでは、一人ぼっちの状況を改善するための具体的なアクションについて説明していきます。

他人に興味を持つ

まずは、他人に興味を持つことから始めましょう。コミュニケーションがあまりうまくできない人は、他人に興味がない人が多いです。そのため、自分から話しかけたり、質問したり、話題を提供したりする機会がなくなります。一人ぼっちの状態を抜け出すためには、まずは相手の仕事内容に興味を持つことが大切です。今どんな仕事をやっていて、いつまでにやらなければいけないのか、どれぐらい大変なのかといった話をきっかけに、会話を進展させていきましょう。

自分から挨拶する

自分から挨拶をすることは確実にできることの一つです。一人ぼっちから脱するためには、積極性が欠かせません。とはいえ、自分からランチに誘うということはなかなか難しいと思います。ですが、自分から挨拶して、何か一言コメントを添えることで積極的に関係性を築いていくことができます。意識してみましょう。

自分の話をしてみる

自己開示とは、自分のプライベートを相手に打ち明ける行為であり、人と仲良くなるために重要なポイントです。自己開示をすることで、相手からも同等の話を引き出すことができます。これを「自己開示の返報性」といいます。例えば、出会ってまもない相手から「俳優の○○さんが出演しているドラマが好きなんです」「焼肉のたれは甘口派なんです」と言われたら、会話もそこから展開していきますし、「自分は○○が好き」といった会話のキャッチボールにもつながります。逆に自分の話を一切してこない人とは、会話をするのが億劫になるというか、「あんまり聞いちゃいけないのかな」という感じになります。 ただし、自己開示には注意点もあります。相手とあまり親しくない場合や初対面の場合は、過度にプライベートな話題を持ち出さず、程よく距離を置くことが大切です。

雑談には積極的に加わる

会社で孤立している状態から脱するためには、積極的に雑談に参加するようにしましょう。仕事において雑談は意味のないことだと考える人もいますが、実際にはかなり重要です。特にこれまで雑談を避けてきた人は、うまく会話をつなげるスキルが欠けている可能性があります。スキルを磨くためには、まず実践が必要です。そのため、同僚数人が会話をしていて盛り上がっていたら、自分も可能な範囲でその間に参加してみるように心がけましょう。

自分が思う1.5倍、リアクションを大きくする

会社で一人ぼっちの状態が続くと、リアクションが薄くなる傾向にあります。先ほども書きましたが、コミュニケーションがうまくできない人というのは、自分が思っている以上に薄いリアクションをしてしまっていることが多いです。ですから、まずはさすがにオーバーリアクションじゃないかと思えるぐらいのレベルで反応してみることが大切です。自分が思う1.5倍大きいリアクションをして、相槌を打ってみてください。

まとめに入る前に

ここ3ヶ月以内に、一瞬でも「会社辞めようかな…」とリアルに頭をよぎったことはありませんか?

なければ読み飛ばしていただいて構いませんが、もし「正直、環境を変えることも視野に入れている」という方は、この機会に小さな一歩で良いので何か準備を進めてみるのもおすすめです。

少なくとも「10年後も今の職場で働くつもりですか?」と聞かれて、ちょっと考え込んでしまうのであれば、いつでも転職できる体制作り(準備)くらいはしておいても損はないでしょう。

辞めようかなと考えている人の中には、限界が来てから行動を始める人が多いですが、意外とそれは失敗のもとです。「早く辞めたい」という気持ちが強すぎるほど、焦りで準備がおろそかになり選考に通らなかったり、判断を誤ってしまったりするからです。

準備はできるだけ心にゆとりがあるときにしておきましょう。

とはいえ、いきなり履歴書を書いたりなんてする必要はありません。おすすめの転職準備についてまとめておくので、チェックしてみてください。

転職サイトに登録しておいて、暇な時に求人を探す&スカウトを待つ

別に今すぐ転職はしないけど、良い所があれば考える、という方向け

別に今すぐ転職はしないけど、良い所があれば考えるという方は、転職サイト(求人サイト)がおすすめです。

イチ推しサイトは「Green」

Greenは、企業から直接スカウトが届く転職サイトです。営業やカスタマーサポート、ITエンジニア、マネージャーなど多様な求人を扱っています。

業界・職種

▼取り扱い業界
・IT/WEB、通信、インターネット系
・マスコミ、エンターテイメント、メディア系
・サービス系
・製造、メーカー系
・コンサルティング、リサーチ
・商社(卸売)、流通、小売り系
・金融、保険系
・不動産、建設系

▼取り扱い職種
・エンジニア、技術職(システム/ネットワーク)
・クリエイティブ職(Web)
・クリエイティブ職(ゲーム/マルチメディア)
・企画、マーケティング職
・営業職
・経営、CxO職
・経理、管理、バックオフィス職
・アシスタント、事務職、オフィスワーク
・サービス職
・専門職
・エンジニア、技術職(電気/電子/機械/半導体)
・建築建設、土木、プラント職

転職エージェントとは違うので、面倒な電話がかかってくることはありません。

Greenは企業の採用担当者から直接スカウトが届くのが魅力的で、利用者の6割以上がスカウト経由で転職しているようです。

「応募まではいかないけど気になる」という企業には「気になるボタン」で興味を伝えられ、企業側もあなたが気になるとなった場合は、カジュアル面談に進むこともできます。

このように、気軽に利用できる点がGreenの強みです。

また、写真が豊富に使われているのが特徴で、会社の様子をリアルにチェックできるのもポイントです

ちなみにGreenは転職お祝い金制度を設けており、Green経由の応募で採用が決まるとAmazonギフト券1万円分がもらえます。

登録から応募まで、利用は全て無料なので、ぜひ活用してみてください。

診断アプリ・サイトで働き方や向いてる仕事を分析

「転職は考えてないけど、10年間も今の職場にいるのは流石に…」な方向け

注目のキャリア診断アプリ「ASSIGN(アサイン)」[PR]

転職は特に考えていないものの、漠然と「自分にはどんな職種や業界が向いているんだろう」という気持ちがある方は、キャリア診断アプリASSIGN(アサイン)を使ってみるのも面白いですよ。

ASSINはあなたの価値観や考えをもとに、向いている仕事・業界をAIが診断してくれるアプリです。

20~35歳向け求人サイトと連動しており、20,000人以上のキャリアデータをもとにAIが適正のある仕事や業界を提案してくれます。

全部で24問、2~3分あれば終わります

筆者(アラサー・地方大学卒)が診断してみた結果は、こんな感じでした。

仕事も大事ですが、プライベートも大事にしたい価値観が顕著に表れています…!

診断精度が高いなと感じたのは、性格や価値観をもとに分析すると「WEBメディアや広告代理店がおすすめ」と結果が出ている点。というのも、筆者自身、20代半ばくらいにWEBメディア運営にキャリアチェンジした経歴があるからです。

そういった情報は入力していないのですが、的確に診断されたので単純に凄いなと思いましたね。

診断系のアプリは意外と回答数が多くて面倒になりがちですが、ASSIGNは3~5分くらいで終わるので気軽です。

「どんな仕事が合っているのか」と視野を広げて知る機会になると思いますので、ぜひ試してみてください。

ミイダスの診断もおすすめ

ASSIGN以外だと、ミイダスという診断サイトもかなり面白かったですね。こちらも利用は無料です。

ミイダスには「コンピテンシー診断」という診断が用意されています。これは質問に答えるだけで、あなたの性格ストレスを感じやすい職場環境の条件相性の良い上司・悪い上司の条件向いている仕事などを分析してくれるというものです。

バイタリティや人当たり、協調性など、性格がデータで分かる

こちらは結構本格的な診断で、所用時間は10~15分ほど。NTTデータ経営研究所などの専門機関も共同開発している”しっかりめの診断”です。

気軽に、とはいきませんが、「心理テスト感覚ではなく、しっかりデータと根拠に基づいた診断をしたい」という方には非常におすすめです。

まとめ

会社でひとりぼっちになりやすい人の傾向や、その原因、改善策について説明しました。会話が苦手で相手との距離をとりがちな人が、一人ぼっちになる可能性が高く、自分から挨拶や話題提供、自己開示など、積極的なコミュニケーションが求められます。また、リアクションが薄い人や、仕事とプライベートを分けすぎる人など、仕事上のコミュニケーションが必要な場面で孤立してしまうでしょう。。一人ぼっちから脱するためには、自分から積極的に動き、周囲とコミュニケーションを取ることが大切です。

▶あなたに向いてる仕事・業界が3分でわかる
AIキャリア診断アプリASSIGN(無料)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次