求人飲食店ドットコムはうざい?口コミ評判を調査した結果

要約

求人飲食店ドットコムは、飲食専門の求人サイト。エージェント型ではないので、求人探し・応募、日程調整、入職手続きまで自分で行う。予測変換に「うざい」と表示されるが、これはサービスの質ではなく「CM動画」に対する口コミなので気にする必要はない。求人数は6,000件と中程度。

求人数が多く評価が高い転職サイトを使うなら、まずは大手のフーズラボなどと併用するのが安心。フーズラボは日本マーケティングリサーチの第三者調査で3冠の実績があり、求人数も1.7万件とかなり多い。まずはこちらと掛け持ちで使うのがおすすめ。

「フーズラボ」で近くの求人探してみませんか?

4月は3月で退職した人が徐々に求人を探し出す頃。それに合わせて飲食店も求人をドンドン出す時期なので、転職活動を始めるには最高のタイミングですよー!

利用は完全無料、登録は30秒で終わります!

北海道 東北北海道 青森 岩手 秋田 宮城
山形 福島
関東東京 神奈川 埼玉 千葉
茨城 栃木 群馬
中部新潟 富山 石川 福井 山梨
長野 岐阜 静岡 愛知
近畿三重 滋賀 京都 大阪 兵庫
奈良 和歌山
中国 四国鳥取 島根 岡山 広島 山口
徳島 香川 愛媛 高知
九州 沖縄福岡 佐賀 長崎 熊本
大分 宮崎 鹿児島 沖縄
目次

求人飲食店ドットコムの特徴まとめ

求人飲食店ドットコムは全国の飲食店求人を専門に扱う転職サイトです。掲載求人数は約6,000件。毎日ペースで更新されています。

他サイトとの違いとしては、個人経営の飲食店や小規模なお店の求人が多い傾向にあります。

こだわりの求人条件・労働条件で絞り込み検索できるのはもちろん、「身に付くスキル」といったフィルタリングも可能なのは、他サイトにはない特徴です。将来を見据えた転職先探しに最適でしょう。

【検索可能な身に付くスキル】
包丁さばき
飾り包丁
ピザメイク
製麺
寿司技術
盛り付け技術
製パン技術
製菓技術
カクテル技法
高級食材の知識
お酒(リキュール・ウィスキーなど)の知識
肉の知識
魚の知識
チーズの知識
洋菓子の知識
和菓子の知識
食器の知識
婚礼料理・パーティーメニュー
テーブルマナー
出店開業ノウハウ
店舗運営
メニュー開発
仕入れ・食材の目利き

求人飲食店ドットコムはエージェント型ではない

求人飲食店ドットコムは、エージェント型の転職サイト(担当者がついて仲介・求人紹介してくれるサイト)ではなく、シンプルな求人広告サイトです。求人に応募すると飲食店に直接つながり、選考へと進みます。求人探し・応募から面接日程の調整、入職手続きまで自分で行う必要があります。

エージェント型の転職サイトであれば求人の紹介や転職サポートがついていますが、求人飲食店ドットコムはそうではないので、その点は注意しておきましょう。

「うざい」と予測変換が出るのは大丈夫?

求人飲食店ドットコムと検索すると、予測変換に「うざい」と表示されますが、結論としては気にする必要はありません。

これは主に求人飲食店ドットコムのCMに対する口コミであり、サービス自体には関係がないためです。(求人飲食店ドットコムはかなり積極的に広告を打っているようで、結構シュールな表現なこともあり、その広告に対するうざいという口コミは多い)

求人飲食店ドットコムのCMクソうぜえな

https://twitter.com/eiy7wj/status/1770209352395456606

求人飲食店ドットコムの広告うざすぎ

https://twitter.com/ushimadao/status/1662133703567630337

求人飲食店ドットコムの広告うざすぎ

https://twitter.com/cosmoregno/status/1679036360722886658

最近のうざい広告は求人飲食店ドットコム
黙ってほしい

https://twitter.com/Myrtia_regalia/status/1659471412497899521

そもそも前述の通り、求人飲食店ドットコムは、エージェント型(仲介が入るタイプの転職サイト)ではないからです。エージェント型の転職サイトなら、仲介担当者が入るため、その担当者とやり取りが発生します。悪質なサイトだと「しつこく連絡が来てうざい」といった口コミが上がることもあります。

しかし求人飲食店ドットコムは、シンプルな求人広告サイトであり、担当者がそもそも存在しません。なので「求人飲食店ドットコムからの連絡がうざい」というシチュエーションは発生しません。

強いて言うなら、会員登録時に「おすすめ求人メールを受け取る設定」にした場合。新着求人がメールで届くので、うざいと感じることがあるかもしれません。ただこれはマイページから設定変更ができるので、うざいと感じた場合は停止すれば問題ないでしょう。

求人飲食店ドットコムの口コミ評判

利用者がそれほど多くないのか、利用満足度を客観的に測るに十分な口コミは発見できませんでした。利用経験がある方は、アンケートへのご協力をお願いします。

アンケートご協力のお願い

当メディアでは、転職サービス(転職エージェント、人材紹介会社)を利用した方向けのアンケートを実施しています。あなたが過去に転職サービスを利用した経験があれば、ぜひご協力ください。

現時点での満足度は不明。アンケートが得られ次第、口コミは追加します。

求人飲食店ドットコムの求人数

求人飲食店ドットコムの求人数は約6,000件(店舗)と、転職サイトの中では中規模です。

転職サイト求人数
クックビズ29,000件
飲食店求人ドットコム20,000件
フーズラボ17,000件
求人飲食店ドットコム6,000件
プラスナビクック3,300件
ジョブレストラン1,500件
itk1,000件
テンポスジョブ900件

転職先探しとしては充分ですが、妥協なく求人を探したい方は、大手転職サイトとの併用がおすすめです。

飲食求人探しにおすすめの転職サイト

求人数が多く、口コミ評価が高い飲食転職サイトをまとめました。特に1位のフーズラボは求人数が非常に多く、第三者調査でも高く評価されており、良い職場が見つかりやすいので非常におすすめです。

スクロールできます
転職サイト求人数評価強みエリア雇用形態

1位.フーズラボ
17,000[件]
4.78
日本マーケティングリサーチ調査で3冠
地方の求人も豊富
全国正社員/バイト

2位.クックビズ
29,000[件]
4.68
求人数トップクラス
サービス利用者数No1(楽天リサーチ調べ)
全国正社員メイン

3位.求人飲食店ドットコム
6,000[件]
4.28
求人の種類が豊富
個人経営店の求人も多い
全国正社員/バイト

4位.ジョブレストラン
2,000[件]
4.02
詳細条件で探しやすい
求人が少ない
全国正社員/バイト

5位.飲食転職.com
非公開
3.82
業界歴20年以上の老舗サイト
求人量が不明
全国正社員/バイト

特におすすめの上位2サイトを解説します。

1位.フーズラボ|利用者満足度が高い

フーズラボは、利用者満足度が高い飲食転職サイトです。日本マーケティングリサーチの第三者調査では「飲食業界の転職におすすめ」「20~30代が支持する」「飲食業界で働く方が支持する」の3部門でブランドイメージ1位を獲得しています。客観的に評価されている転職サイトです。

求人数も1.7万件とかなり多く、全国に対応しています。迷ったらまずはこちらがおすすめです。

2位.クックビズ|求人数が豊富

クックビズは、求人数の多さが強みの飲食転職サイトです。その数は3万件近くで、他の転職サイトよりも条件に合う職場が見つかりやすくなっています。求人自体は正社員がメインなのですが、全国の飲食店が掲載されており、日々更新されています。

登録するとスカウトが届くので、何もせずとも求人の選択肢が増えていくのも魅力の一つです。

飲食転職に関するよくある質問

転職サイトに関する質問

転職サイトとは?

人材を採用したい飲食店と求職者をマッチングさせる人材紹介サービスです。以下のことをしてくれます。

  • 非公開求人の紹介
  • 飲食店への推薦(プッシュ)
  • 選考対策(書類添削や面接回答のアドバイス)
  • 給与交渉
  • 面接日時の取り決め代行(便利!!)

求職者側に費用は一切かかりません。情報収集のために使うのもアリです。

転職サイトはなぜ無料なのですか?

転職サイトは飲食店からお金をもらうビジネスモデルだからです。

飲食店に人材を紹介し、飲食店からの手数料を収益としています。なので求職者は完全無料で利用できるのです。

またそもそも人材紹介事業では、一般の求職者からお金をもらうのが禁止されています。

転職サイトは何社利用すべきでしょうか?

2~3つ併用するのがおすすめです。1つだと紹介求人数が少なくなりますし、アドバイスが偏ってしまいかねないからです。

掛け持ちするほど選択肢が増えて、転職期間が短くなる傾向にあります。

転職サイトを使っていることは飲食店にバレますか?

バレることはまずありません。飲食店は応募していない求職者情報を見れませんし、信用が命の人材紹介業は何より個人情報の扱いを徹底しているためです。

転職サイトではなく、スカウト型求人サイトであっても、企業ブロック機能がついているので、しっかりと対策していればバレることはないでしょう。

転職サイトを使うデメリットはありますか?

転職サイトは求職者の内定が決まって収益が出る仕組みなので、一部の悪質なエージェントに当たってしまうと、とにかく応募しましょう、と急かされることがあります。

転職の希望や軸が明確ならきっぱりと意思表示できると思いますが、押しに弱い人やエージェントが正しいと思いこんでしまう人は、本当は希望していない企業に応募してしまうこともあります。

転職サイトを利用する際には、希望条件や譲れない条件、NG条件などを明確にしておき、希望に沿わない求人は応募しないことが重要です。

転職サイトに断られることはありますか?

利用対象外の場合は、断られることがあります。例えば、キャリアが浅い・地方に住んでいるなどがよくあるケースです。

また、短期離職を繰り返していたり、ブランク期間が長すぎたりする場合は、「紹介できる求人はありません」とやんわり断られることもあります。

転職サイトの賢い選び方は?

複数まとめて登録し、最初のキャリア面談で「信頼できそう」と感じたところをメインで使うのが賢いやり方です。

転職サイトのサービス内容は、どれも求人紹介・選考対策・日程調整代行・年収交渉代行の部分は同じです。(利用無料でサービス内容に差がないので、エージェントは差別化が難しい業態)

また、転職サイトは、「どのサービスか」よりも「誰に担当してもらうか(担当エージェント)」が重要なので、まずは比較検討してみるのが良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次