0120295888-レバウェル介護|何の電話?無視しない方がいい?

要約

0120295888は介護職転職サイト「レバウェル介護」からの着信です。

▼電話の要件

●「登録情報の確認」と「どんな職場に転職を希望しますか?」というヒアリング(電話面談)。15分程度で終わります。これが終わればメールなどでのやり取りも可能になるので、この先何度も電話が来るわけではありません。

●今回電話に出なかった場合、またかけてくるので、あえて折り返す必要はありません。タイミングが合いそうにない場合はかけ直しても良いでしょう。

●サイトに載っている求人に「問い合わせ」「応募」した場合も、一度本人情報の確認電話を経て、「詳細情報の提供」「応募手続き」へと進みます。

●既にヒアリングを終えている場合、電話の要件は「求人紹介」か「転職活動の状況はどうですか?」という確認です。

■転職サイト掛け持ちのススメ
既にレバウェル介護で近隣エリアの求人検索をして「あんまり良い求人がなさそう」と感じた方は、別の転職サイトを掛け持ちして登録することをおすすめします。

介護転職サイトは複数登録(掛け持ち)しておくのが一般的です。一つのサイトしか使わないと、どうしても選択肢が狭まってしまいますし、転職活動をする人の4人に3人は転職サイトを複数使うという調査結果もあります。

掛け持ち登録はやや面倒かもしれませんが、求人探しを始めた今このタイミングで思い切ってやっておくと、後からの転職活動がかなり楽になります。

▼掛け持ちにおすすめの転職サイト

目次

発信元はレバウェル介護(レバレジーズ株式会社)

以下の電話番号は、全てレバウェル介護です。

電話番号一覧

0120295888
07075222064
08047329494
08047359478

サイトに登録すると、確認の電話がかかってきます。

電話の内容

●登録情報の確認をします

●「どんな職場が希望ですか?」というヒアリングをします(15分程度)

●特定の求人について「問い合わせ」や「応募」をするために登録した場合、その求人に関する詳しい情報の話をします。

放置してもまたかかってくるので、あえて折り返さなくても良い

登録情報の確認電話なので、出られなくてもまたかかってきます。あえて折り返す必要はありません。ただし転職活動をサクサク進めたい方は、折り返した方が確実です。

メールやLINEで求人情報を紹介するやり方も可能です。なので、この先何度も電話をしなければならないわけではありません。

既にヒアリング(電話面談)をした方

要件は、以下のどちらかです。

求人紹介
基本的にメールやLINEで情報を送ってくれますが、ずっと無視していると「先日紹介した求人はどうでしたか?」という確認の電話が来ることがあります。

●転職活動の状況確認
登録後にしばらく放置しておくと、「いま転職活動はどういう感じですか?」という確認の電話が来ることもあります。

無視し続けると、かかって来なくなる

無視し続けると「転職意思がない」と判断されて、電話は来なくなります。

「レバウェル介護以外で求人を見つけた」などの理由で利用が不要になった時は、放置でも構いません。しかし「何度も着信があってしつこい」と感じる場合は、折り返して「退会希望」と伝えるのが確実です。

介護転職サイト掛け持ちのススメ

ところで、レバウェル介護に良い求人は掲載されていましたか?

「登録して検索してみたけど、思ったより良い求人がなかった」という方は、ぜひ他の転職サイトもチェックしてみてください。

介護転職サイトは「掛け持ち」しておくのが一般的なやり方です。なぜなら、サイトによって掲載している求人はまるで違うからです。

事実、転職希望者の4人に3人は転職サイトを複数利用しているという調査結果もあるほどです。(リクルート社「転職サイト・エージェントはいくつ使った?1社の場合と複数の場合のメリット・デメリットを紹介」より)

転職活動の際、転職サイト・エージェントはいくつ登録しましたか?_アンケート結果のグラフ

転職活動へのモチベーションが一番高いこのタイミングで、他のサイトも登録しておきませんか?後々、すごく楽ですよ。

ジョブメドレー介護|掛け持ちにおすすめの介護専門転職サイト

ジョブメドレー介護は、掲載されている求人に直接応募するタイプの転職サイトです。担当者制度がないので、電話が来ることはありません。マイペースに求人を探したい方にぴったりです。

求人数は約8万件とかなり大規模な転職サイトで掛け持ちに最適でしょう。

レバウェル介護から何度も電話が来る理由【会員登録が未完了だから】

レバウェル介護から何度も着信がある人は、会員登録が完了していません。この点を理解するために、レバウェル介護の登録の仕組みを簡単に説明しておきます。

①レバウェル介護の登録の仕組み

確認の電話に出て、ようやく登録完了

レバウェル介護の登録ページを開くと、介護職資格の有無や転職の希望時期を入力する項目があり、最後に「登録する」というボタンを押して手続きは終わります。

しかし、これではまだ会員登録は済んでいません。仮登録の状態です。仮登録すると、当日~翌日(土日を挟む場合は週明け)にレバウェル介護から確認の電話がかかってきます。

②確認電話をスルーしてしまう人も多い

この「会員登録後、確認・キャリアヒアリングの電話が来る」という仕組みを知らないと、おそらく一旦スルーしますよね。

要は、仮登録のまま放置という状態です。「電話がくるなんてそもそも知らなかった」という人は非常に多いです。

③放置のままにしておくと、レバウェル介護は登録確認のために再度電話してくる

レバウェル介護側も仮登録状態の人を放置するわけにはいかない

では、確認電話スルーした場合、どうなるかというと、レバウェル介護は登録確認のために、再度電話してきます。

考えてみれば当然で、「登録ページから情報を入力してきて、確認の電話をかけたら出ない」わけなので、レバウェル介護側からしてもそのままにしておくわけにはいきません。

しかし電話が来るなんて知らないと、再びかかってきても「うざいな」と無視します。

この結果、、、、

確認の電話→無視→もう一度確認の電話→無視!→確認電話→しつこい!…

という負のサイクルが生まれるのです。

このように、「確認電話を放置し続ける」ゆえに、利用者とレバウェル介護の連絡担当側で擦れ違いが起こり、その結果「しつこいな」と感じてしまうわけです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次