「ミラクス介護しつこい…」と別サイトに乗り換える介護士が急増か

要約

ミラクス介護利用者の口コミを調べると「電話がしつこい」という投稿がそこそこ多く出てくる。突出して多いわけではないが「着信拒否しても別の番号から連絡が来る」といった口コミもあるので、ストレスになる可能性がある。求人はかなり多いサイトなので利用するのも悪くないが、まずは客観的に高く評価されているサイトから使ってみるのがおすすめ。イチオシのサイトは、レバウェル介護。こちらは求人数19.4万件とミラクス介護の約1.5倍の大手サイトで、Googleマイビジネス口コミ評価で総合No1を獲得した実績がある。既にミラクス介護を使っている人はこちらも併用してみるのがおすすめ。

レバウェル介護(求人数トップクラスの転職サイト)で近くの求人探してみませんか?

4月は3月で退職した人が徐々に求人を探し出す頃。それに合わせて施設も求人をドンドン出す時期なので、転職活動を始めるには最高のタイミングですよー!

利用は完全無料、登録は30秒で終わります!

北海道 東北北海道 青森 岩手 秋田 宮城
山形 福島
関東東京 神奈川 埼玉 千葉
茨城 栃木 群馬
中部新潟 富山 石川 福井 山梨
長野 岐阜 静岡 愛知
近畿三重 滋賀 京都 大阪 兵庫
奈良 和歌山
中国 四国鳥取 島根 岡山 広島 山口
徳島 香川 愛媛 高知
九州 沖縄福岡 佐賀 長崎 熊本
大分 宮崎 鹿児島 沖縄
目次

「ミラクス介護の電話連絡がしつこい」という口コミが多数

介護転職サイト「ミラクス介護」は、13.5万件とかなり多くの求人を扱う大手転職サイトですが、電話連絡の頻度・回数、対応などにネガティブな口コミも散見されます。一部抜粋します。

実際の口コミ

複数の番号から何度も着信。対応にも不満

ミラクス介護が最悪だった件。
登録後、初日から午前中だけで平均6件着信
なぜか4,5種類の番号から。
1度不在だったら1分後に違う番号から再度着信みたいな連続。

その後1度も電話とれず、「都合の良い時間を返信して下さい」とのメール。
次の日の希望連絡時間(14-15時)を返信。
当日また朝から何度も複数の番号から着信。希望時間には連絡こず。
18時頃にまた着信。
再度希望時間と、複数の電話番号の確認と、希望時間以外の着信はご遠慮頂きたいとメール。
返信なし。

もういいやと、「他社を利用するので、登録削除お願いします」とメール。
翌朝。「体調を崩して連絡が遅くなりました。(解約の件)承りました」との返信。

あんだけ電話しといて体調悪かった?辻褄合ってなさすぎ。

毎回番号違うのうざすぎ。

https://twitter.com/ELP_JPN/status/1660512431481974784

メール配信停止しても届く

ミラクス介護のメールが毎日3通。
何度も停止要求しているのに一向に止まらない
電話するも変わらず。

https://twitter.com/orennji_orennji/status/1618129620502736897

着信拒否してもかかってくる

ミラクス介護から何度も電話かかってくるし、着信拒否してもかかってくる

https://twitter.com/kaigo0806/status/1746864432159060184

転職の圧が強い

私も今、ミラクス介護で職探しをしているのですが、LINEと電話がとてもしつこいです……。明日2件面接行けますか?とか、内定出てないのに内定出たらどっちを選びますか?とか、ミラクス介護の社員さんってノルマとかあるんでしょうね。そういう背景を全面に出して来てます

https://twitter.com/orennji_orennji/status/1618129620502736897

ネガティブな口コミの数は、他サイトと比べてそこまで多いわけではない

とはいえ上記のような口コミは、他のサイトと比べて突出しているわけではありません。対応が悪い一部の担当者に当たってしまった人から不満が上がっているという感じです。(※名誉を棄損しないようにするために具体名は出せませんが、介護転職サイトにはもっと酷いしつこさのところもあります)

ただ、嫌な気持ちになりながら転職活動しても仕方ないので、しつこかったら別のサイトに乗り換えましょう。

口コミ評価の高い介護転職サイト

口コミ評価が高く、求人数に強みのある転職サイトを以下にまとめました。特に1位のレバウェル介護は求人数が断トツで多く、「Googleマイビジネス評価」にて、総合評価No1を獲得した実績があるので、迷ったらこちらがおすすめです。

スクロールできます
転職サイト求人数評価強みエリア
レバウェル介護
1位.レバウェル介護
19.4万[件]4.78圧倒的な求人数の多さ
Googleマイビジネス評価口コミ総合No1
全国

2位.ジョブメドレー介護
7.8万[件]4.62会員数200万人突破
転職決定でお祝い金あり(条件付き)

3位.介護ワーカー
4.5万[件]4.61積極的なサポートが特徴
派遣も可能
全国
介護・福祉の求人・転職なら【マイナビ介護職】
4位.マイナビ介護職
7.2万[件]4.55人材業界大手のサービス
若手の転職がメイン
全国

5位.e介護転職
12.5万[件]4.39業界大手で知名度が高いサイト
求人ごとの情報量が少ない
全国

6位.介護求人ナビ
7.2万[件]4.21業界大手で知名度が高いサイト
求人数は多いが、同じ事業所の求人が重複している
全国
求人数:2024年3月時点

レバウェル介護|求人数トップクラス!Google口コミ評価総合No1実績あり

レバウェル介護は、19.4万件の介護求人を扱う大型介護転職サイトです。求人数は業界トップクラス、15万を超えるサイトはレバウェル介護以外にほとんどなく、まさに桁が一つ違います。

また求人数だけでなくサービス全体でも質が高く、Googleマイビジネスの口コミ評点で「総合評価No1」を獲得した実績があります。求人数・質、アドバイザーの丁寧な対応が高く評価されてる転職サイトです。

介護転職サイトはそれぞれ強みがありますが、求人・担当者の対応ともに高水準のサービス品質のサイトで、どれか1つ選ぶとすれば、まずレバウェル介護をおすすめします。求人探しに妥協したくないという方は、ぜひサイトをチェックしてみてください。

ジョブメドレー介護|会員数200万人突破の老舗サイト

ジョブメドレー介護は、直接応募型の介護転職サイトです。担当者が仲介しないので転職サポートは一切ありませんが、その分マイペースに求人を探したい方にはおすすめできます。

求人数は7.8万件とかなり多く、求人探しには非常に役立ちます。またジョブメドレー介護経由で採用が決まり、一定期間仕事が続けば「勤続支援金(お祝い金)」をもらえる制度もあります。(1~3万円ほど)

掛け持ちサイトとして利用されることも多いです。レバウェル介護+ジョブメドレー介護といった組み合わせで登録すれば、応募先が見つからないことはまずないでしょう。

ミラクス介護は、なぜしつこく電話をかけてくるのか

電話の要件としては、以下の通りです。

  • 登録情報の確認
  • 求人紹介
  • 転職活動の状況を知りたい

体感としては、(1)と(3)がしつこくなりやすいです。

①会員登録直後の電話は「登録情報の確認」

ミラクス介護は、「持っている資格」や「希望の働き方」などを入力して会員登録を行いますが、この段階ではまだ仮登録の状態です。情報入力後、かかってくる電話に対応してはじめて会員登録となります。

電話では「入力した情報に間違いがないか(本人確認)」と「どんな職場を希望しているかのヒアリング」が行われ、そこから求人紹介へと進んでいきます。

この電話に出ないままだと本登録が済んでいない状態なので、ミラクス介護側も確認のため、何度か電話をかけてきます。

②条件に合う求人が出ると、電話をかけてくる担当者もいる

新着求人は基本的にメールやLINEを使って文字に残る形で送ってくれますが、一部担当者の中には「求人を送ったのですが、確認いただけましたか?」のような電話をわざわざかけてくる人もいます。

③転職活動の状況確認

ミラクス介護をしばらく利用していない人にも電話が来ることがありますが、この場合は「転職活動の状況確認」です。

要件としては、「いま仕事はどんな調子ですか?転職する予定はありますか?」といったヒアリングになります。

転職サイトは介護士の転職を仲介するほど利益になるので、要するに営業電話みたいな感じですね。

介護転職でよくある質問

転職サイトに関する質問

転職サイトとは?

人材を採用したい施設と求職者をマッチングさせる人材紹介サービスです。以下のことをしてくれます。

  • 非公開求人の紹介
  • 施設への推薦(プッシュ)
  • 選考対策(書類添削や面接回答のアドバイス)
  • 給与交渉
  • 面接日時の取り決め代行(便利!!)

求職者側に費用は一切かかりません。情報収集のために使うのもアリです。

転職サイトはなぜ無料なのですか?

転職サイトは施設からお金をもらうビジネスモデルだからです。

施設に人材を紹介し、施設からの手数料を収益としています。なので求職者は完全無料で利用できるのです。

またそもそも人材紹介事業では、一般の求職者からお金をもらうのが禁止されています。

転職サイトは何社利用すべきでしょうか?

2~3つ併用するのがおすすめです。1つだと紹介求人数が少なくなりますし、アドバイスが偏ってしまいかねないからです。

掛け持ちするほど選択肢が増えて、転職期間が短くなる傾向にあります。

転職サイトを使っていることは施設にバレますか?

バレることはまずありません。施設は応募していない求職者情報を見れませんし、信用が命の人材紹介業は何より個人情報の扱いを徹底しているためです。

転職サイトではなく、スカウト型求人サイト(ジョブメドレーなど)であっても、企業ブロック機能がついているので、しっかりと対策していればバレることはないでしょう。

転職サイトを使うデメリットはありますか?

転職サイトは求職者の内定が決まって収益が出る仕組みなので、一部の悪質なエージェントに当たってしまうと、とにかく応募しましょう、と急かされることがあります。

転職の希望や軸が明確ならきっぱりと意思表示できると思いますが、押しに弱い人やエージェントが正しいと思いこんでしまう人は、本当は希望していない企業に応募してしまうこともあります。

転職サイトを利用する際には、希望条件や譲れない条件、NG条件などを明確にしておき、希望に沿わない求人は応募しないことが重要です。

転職サイトに断られることはありますか?

利用対象外の場合は、断られることがあります。例えば、キャリアが浅い・地方に住んでいるなどがよくあるケースです。

また、短期離職を繰り返していたり、ブランク期間が長すぎたりする場合は、「紹介できる求人はありません」とやんわり断られることもあります。

転職サイトの賢い選び方は?

複数まとめて登録し、最初のキャリア面談で「信頼できそう」と感じたところをメインで使うのが賢いやり方です。

転職サイトのサービス内容は、どれも求人紹介・選考対策・日程調整代行・年収交渉代行の部分は同じです。(利用無料でサービス内容に差がないので、エージェントは差別化が難しい業態)

また、転職サイトは、「どのサービスか」よりも「誰に担当してもらうか(担当エージェント)」が重要なので、まずは比較検討してみるのが良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次