優秀な人ほど逃げる!見切りが早いし転職もすぐ決まる|見切りをつけた方がいい会社は?

要約

優秀な人ほど決断力があり、変化を恐れず即座に行動する。先延ばしが損であることを理解しているし、常に向上心と危機感を持ち合わせている。そのため、職場に対して致命的な価値観の不一致があったり、将来性のなさを感じたりした場合は、さっさと見切りをつけて辞めていく。優秀さゆえに、転職もすぐ決まる。

優秀な人どんどん辞めていく会社は、残念ながら衰退の一途を辿るのが常である。そのため、職場が完全に崩壊する前に脱出すべきだが、焦って行動するのも禁物。企業からスカウトが届く大手転職サイト「Green」で情報収集から始めるなど、小さな一歩で始められる将来に向けた準備から着手しておくのがおすすめ。

目次

優秀な人ほど見切りが早い7つの理由

優秀な人ほど見切りが早い理由を解説します。

決断力があるから

優秀な人が見切りを早くつける理由は、決断力があるからです。

ビジネスの世界で「優秀」とされる人物とは、物事を適切に決定できる力を持っている人のことを指します。プロジェクトの方向性や、目標達成に向けた戦略など、重要な意思決定を担う役割が与えられているのです。

例えば、新製品の投資判断や事業戦略の策定など、ビジネスにおいて重要な決断を素早く行います。優秀な経営者は、競合他社に先んじて新市場に参入する決断をすることができます。

つまり、優秀な人が重要な仕事を任されるのは、その決断力が高いからだと言えます。

だからこそ、キャリアにおいて優秀な人は大胆な決断を下すことができるのです。自分のキャリアを見据えて、迅速かつ正確な判断力で未来への道筋を切り開くことができるのです。

疑問を持つ習慣があるから

優秀な人物は、疑問を持つ習慣があります。

ただ指示されたことを実行するだけでなく、「なぜこれを行うのか?」や「もっと効率的な方法はないか?」といった疑問を常に抱き、効率的で成果を出せる行動を選択します。

多くの優秀な人は、常日頃から「何のためにこれをやるのか」といった疑問を持ち続けています。

疑問を持つ習慣がある人にとって、非効率な方法が当たり前だったり、改善への意欲が見られなかったりする企業は、理解しがたいものです。

そんな環境で働くと、成長の見込みがないと判断し、早期に退職を決断します。そのため、優秀な人は素早く見切りをつけ、次の機会を求めて動きます。

変化を恐れないから

優秀な人というのは、変化を恐れず、どんな変化にも対応できます。

そもそも、環境の変化を楽しむマインドを持っているからです。

したがって、会社を見切りをつけて辞めるという行動に対して不安や恐れというものを持ち合わせていません。

だから、この会社はだめだなと思ったその瞬間から、環境を変えていく方向に考えをシフトさせることができるのです。

長期的な視点で考えているから

優秀な人が見切りをつけるのは、彼らが常に長期的な視点で物事を考えているからです。

彼らは5年後、10年後、さらに先の将来を見据えて、キャリアの展望を考えています。例えば、優秀な人は、自分がどのようなスキルや経験を積むことで、キャリアにおいて成功を収めるかを慎重に計画します。

一方で、優秀でない人は、将来のことをあまり考慮せず、短期的な利益や楽しみに重きを置く傾向があります。彼らは、将来の収入やキャリアアップのために努力するよりも、今の楽しみを優先してしまうことがあります。

この違いが、見切りをつける際に重要な要素となります。優秀な人は、自分の長期的なキャリア目標に沿わない環境を早期に見抜き、新たな機会を探求する行動を取ります。一方、優秀でない人は、目先の楽しみや安定を求めて、将来の展望について考慮しないまま現状に甘んじることが多いです。

現状に満足せず、常に危機感があるから

優秀な人が見切りをつけるのが早いのは、彼らが現状に満足せず、常に危機感を持っているからです。

たとえ今の職場で優れたポジションにいて、充分な年収を得ていたとしても、彼らは常に危機感を感じています。この理由は、彼らが視野が広く、自分の立場がいつ変わるかわからないことを客観的に理解しているためです。

一方で、優秀でない人は視野が狭く、自分の状況に比較的満足していることが多く、会社の倒産や業界の縮小などのリスクに対してあまり敏感ではありません。

優秀な人は、世の中の様々な情報にアンテナを張り巡らせており、自分が所属する業界が危機に瀕している可能性を常に感じ取っています。その危機感から、彼らは迅速に行動を起こし、早期に状況を見切ることができます。

先延ばしにするほど損をすることを知っているから

優秀な人が理解しているのは、先延ばしにするほど損をするということです。

多くの場面で早く行動する方が有利です。

例えば、飛行機のチケットは早めに予約するほど安くなり、直前の予約では高額になりがちです。

これと同様に、社会の様々な側面では早期行動が報われる仕組みが存在します。

転職に関しても同じことが言えます。早く転職すれば、より良い企業に移る可能性が高まります。

転職市場では、年齢が上がることで転職が難しくなると一般的に言われています。

つまり、1年後に転職するよりも、今すぐ転職する方が成功確率が高くなります。

優秀な人はこの原則を理解しており、転職を考え始めた時点で早速行動に移します。

見切りをつけるだけでなく、具体的な行動も速いのです。

周りを変えるより、自分の働く環境を変える方が早いから

優秀な人は、他人や組織が容易に変わらないことを理解しています。

優秀な人が去る会社は、古い慣習や低い労働意欲が常態化していることが多いですが、彼らはその環境を変えようとはしません。

というのも、人はなかなか変わらず、組織もさらに変化しにくいからです。

自分の環境を変える方が手っ取り早いのです。

そのため、現在の環境で働き続けることに疑問を感じた場合、最初に考えるのは環境を変えることです。それが結果的に早く見切りをつけて退職することに繋がるのです。

優秀な人ほど転職するのをためらわない。有能な人はあっさり辞める

優秀な人にとって、転職は環境をガラリと変える一大決心ではなく、「カジュアルに次のステップへと進む」という感覚です。

成長への欲求が高いから

優秀な人は自己成長に対する欲求が強く、現在の職場で成長の機会が限られていると感じた場合、新たな環境へ移ることを積極的に選択します。

例えば、プロジェクトマネージャーがより大規模なプロジェクトに携わりたいと考えた場合、別の企業でその機会を追求することがあります。彼らはキャリアを積む上で、自分が向上し続けることが重要だと考えています。

スキルの市場価値が高く転職が難しくないから

優秀な人は自分の持っているスキルや経験が市場でどれだけ価値があるかを理解しており、より高い報酬や待遇を求めて転職を検討することがあります。

例えば、ITエンジニアが自分の技術力が他社ではより高く評価されると知った場合、転職を検討することがあります。彼らは自分の価値を最大限に活かせる環境を求めて動きはじめます。

そして実際にスキルが高いので、転職もあっさり決まることが多いです。

挑戦心があるから

優秀な人は新しいチャレンジを求め、自分の能力を試す機会を常に探しています。

現在の職場で挑戦が少なくなってくると、新たなフィールドで自分を試すために転職を考えることがあります。

ワークライフバランスを求める人も多いから

優秀な人は効率的に働くことができ、自分の時間を大切にする傾向があります。現在の職場でワークライフバランスが悪いと感じた場合、より良い条件で働ける企業を探すことがあります。

後ほど解説しますが、優秀な人に見切られる会社というのは、過剰なハードワークが常態化している環境も多いです。

優秀な人は性格を見ればすぐわかる

優秀な人は、その性格ゆえに、完璧に合理的な判断が可能です。

先延ばし癖がない

優秀な人に共通する性格的特徴の一つに、先延ばし癖がないことがあります。彼らは、物事を後回しにすることをせずに、今やるべきことは今すぐにでも行動に移す傾向があります。

この特性は、日常業務だけでなく、自分自身のキャリア形成にも現れます。彼らは将来的に転職をするという考えを先延ばしにすることなく、常に自分のキャリアについて考え行動します。したがって、優秀な人は常に「今やる」という考え方を持っています。

自分に自信がある

優秀な人の特徴として、自信に溢れているという点が挙げられます。自分に自信があるからこそ、転職活動をして別の環境に行っても、今と同じくらいの成果を出せると確信しているのです。

一方、優秀でない人は自信がなく、仕事をする上でも自分にできるかどうかに常に後ろ向きになってしまいます。日常業務ですらそうですから、大きな決断である転職をずるずると先延ばしにしてしまい、自分にはどうせ無理だと諦めて、行動を起こせないことがあります。

自信に満ちた優秀な人は、自分の能力を信じ、挑戦的な状況でも積極的に行動することができるのです。

行動力と向上心がある

優秀な人というのは、行動力と向上心があります。

例えば、仕事で空いた時間を有効に使って勉強したり、自分でさまざまな勉強会やセミナーに参加したりすることがあります。また、自分自身のスキルや知識を高めるために、趣味や興味のある分野についても勉強をすることがあります。

そういった積極的なアプローチは、自信を深め、新しいスキルや知識を身に付け、自分自身を向上させることに繋がります。

そして、そのような向上心や行動力を持つ人は、劣悪な環境にいる場合でも、その環境に順応することに消極的にならず、自らの力で環境を変えようとする傾向があります。

合理的な性格で、周りに流されない

優秀な人は、自分が信じる正しい判断を下すことができるため、合理的な決断を下すことができます。

彼らは、周囲の人々がやっているからといって、盲目的にそれに従ったり、他人の目を気にしたりすることはありません。

代わりに、物事を冷静に分析し、自分の判断で最も適切だと思う選択をします。

感情的な要素は排除され、決断は客観的かつ合理的です。

たとえば、同僚たちが残業をしているからといって、自分も残業することが良い決断とは限りません。優秀な人は、自分が仕事を完遂するために必要な時間を計算し、自分なりの工夫を凝らして残業を回避する方法を模索します。

また、就職活動においても、周りの評判や先入観にとらわれることなく、自分自身が望む企業や職種を見極めることができます。自分が将来的に成長できる環境を選択することで、より良いキャリアを築くことができるでしょう。

このように、優秀な人は常に自己評価を正しく行い、合理的な判断を下すことができます。

「見切りが早い」以外の、本当に仕事ができる人の特徴

参考までに、「見切りが早い」以外の、本当に仕事ができる人の特徴を解説します。あなたの周りの優秀な人は、該当するはずです。

責任感が強い

本当に仕事ができる人は、仕事に対する責任感が非常に強く、納期や品質に関する細かな部分まで気を配ります。

彼らは仕事を単なるルーチンワークとして見ず、それが自分自身の成長や企業の発展につながるものであると認識しています。

目標設定能力

本当に仕事ができる人は、目標設定が上手です。具体的で明確な目標を設定することで、仕事に取り組む姿勢が変わります。目標に向かって進むためには、計画的に取り組むことが必要です。

仕事ができる人は、目標達成のために必要なプロセスをしっかりと考えて、行動に移すことができます。例えば、プロジェクトの締切が迫っている場合でも、細かいタスクを明確にして、スケジュールを組んで取り組む姿勢があります。

主体性がある

本当に仕事ができる人は、ただタスクをこなすだけでなく、どのようにすれば結果を出せるかを常に考えています。行動することが得意で、結果を出すために必要なことを自己判断できる力があります。

たとえば、プロジェクトの進行状況を把握し、進捗が遅れそうな場合は、自ら積極的に改善策を提案して、スケジュールを修正することができます。

オーラがある

「オーラ」という言葉はあいまいで、科学的に証明することは難しいですが、仕事ができる人には確かに特有の雰囲気があると言えます。

まず、仕事ができる人は自信を持っている傾向があります。自分のスキルや知識、経験に自信を持っているため、自然と自信に満ちた態度や表情を見せることが多いです。その態度や表情が周りにも伝わり、オーラとして感じられることがあります。

また、仕事ができる人はプロ意識が高く、常に仕事に取り組んでいるという印象を与えます。熱心に仕事に取り組む姿勢や、仕事に対する真摯な態度が周りに伝わり、オーラとして感じられることがあります。

さらに、仕事ができる人は周りに良い影響を与えることが多いです。周りの人たちに対して、優しく配慮ができたり、協調性を発揮したり、高いモチベーションを与えたりすることがあります。このような素晴らしい人間性が周りに伝わり、オーラとして感じられることがあります。

優秀な人は、人間関係に見切りをつけるのが早い【情に流されず、めちゃくちゃ合理的】

優秀な人は、合理的であり、人間関係に対してもそのような傾向が見られます。例えば、一人の人間が自分のパフォーマンスを妨げるような影響力を持っている場合、優秀な人はその人との関係を見切ることができます。彼らは、感情に流されることなく、人間関係を切り離すことができ、自分の目的を達成するために必要な行動を迅速にとることができます。

例えば、仕事上のパートナーが仕事を遅らせ、プロジェクトの進行に支障をきたしている場合、優秀な人は感情的にならず、合理的な解決策を探します。彼らは、その人との関係に見切りをつけ、プロジェクトを進めるために、編成を変えたりすることもできます。

また、優秀な人は、自分が相手に必要とされないと判断した場合にも、感情に流されることなく人間関係を切り離すことができます。例えば、ある人が自分のアドバイスを聞かない場合、優秀な人は、感情的になることなく、その人を放置します。

つまり、優秀な人は、感情的にならず、合理的な判断を下すことができ、自分の目的を達成するために必要な人間関係を築くことができます。このような行動は、彼らの成功につながり、組織や社会に貢献することができます。

優秀な人は突然辞めるが、実はずっと前から辞めるつもりでひっそり行動している

優秀な人は、突然辞めるように見えますが、実際にはそれほど簡単に辞めるわけではありません。実際には、多くの場合、優秀な人は以前から退職の準備をしていることが多いです。

優秀な人は、自分のキャリアを真剣に考えており、職場でのポジションや役割を評価し、自分自身の成長やキャリアアップにつながるかどうかを判断しています。そのため、将来的に他の仕事に就く可能性がある場合、以前から転職の準備をしています。

例えば、転職先で求められるスキルを身につけるために、現在の職場で勉強会に参加するなどの努力をしていたり、転職先を探すために、自己分析や職場のリサーチをしていたりします。

そのような行動は、優秀な人の特徴である長期的な視野で物事を進めることができる能力によって可能になります。

周りには辞める予定があることを感じさせることもなく、周到に計画を立て、機会が巡ってきたらスムーズに辞めていくのです。

その結果、優秀な人はあっという間に新しい職場を見つけ、あっさり転職することができます。

こんな職場は優秀な人に見切られる

優秀な人ほど、「成長できない環境だな」と判断した瞬間から見限っていきます。

残業をした方が偉いという価値観がついている

優秀な人にとって残業は、時間内に仕事が終わらなかったことを示す証明です。しかし、残業が偉いと評価される職場は、業務が適切に配分されず、ダラダラと仕事をしている環境が多いといえます。

そういった職場では、優秀な人が評価されず、むしろ長時間働いていることが評価されるため、時間内に仕事を終わらせることができる優秀な人は、そのような環境に適応できず、別の職場を探すことになるでしょう。つまり、優秀な人にとって、残業が当たり前の環境は、職場から見切られるリスクが高いということになります。

合理的な改善案が一切採用されない

優秀な人材を引きつける会社は、合理的な改善案を採用しています。しかし、何かを変えることに躊躇し、業務改善を提案しても受け入れてもらえない会社は、優秀な人にとっては働きにくい環境になっています。

残業時間を減らすために、古いやり方を改善すれば、仕事が楽になるはずですが、「これがウチのやり方だから」といった理由で提案を突き返されることがあります。そのような環境では、優秀な人材が力を発揮することができず、非効率的で生産性の低いやり方でコツコツと仕事をしなければならず、残業時間が増えてしまいます。

優秀な人ほど負担が増えるようになっていて評価制度が適切でない

優秀な人は、自分の能力や責任範囲に見合った仕事を求め、それが適切に評価される会社で働くことを望んでいます。

しかし、仕事の負担が増える会社では、優秀な人に負担の大きな仕事が押し付けられ、評価が適切でないために報酬やキャリアアップが見込めないことが多いです。このような環境では、優秀な人はやがて見切りをつけ、より働きやすい会社に移ることになるでしょう。

また、管理職が各部署の仕事量を把握せず、業務配分が適切でない場合も、優秀な人は負担の大きな仕事を押し付けられることがあります。このような問題を解決し、優秀な人材を確保するためには、仕事量や役割分担を適切に評価する仕組みを整える必要があります。

古い体質の職場は、優秀な女性ほど潰される前に辞めていく

古い体質の職場は、優秀な女性ほど辞めていきます。なぜなら優秀な女性ほどそういった環境で潰されるからです。

男性優位の風潮

まず、古い体質の職場では、男性優位の風潮が残っていることが多く、女性が十分に活躍できる環境ではないことがあります。例えば、女性が昇進やキャリアアップをするために必要な条件が男性と比べて不平等であることがあったり、女性が子育てをする場合に柔軟な対応がなされないことがあったりするため、女性が自己実現をするための環境が整っていないことが多いです。

優秀な女性に対する差別的な態度

また、古い体質の職場では、女性に対して性差別的な態度をとる場合があるため、女性の能力や意見が十分に認められず、やる気を失わせることがあります。例えば、女性が意見を述べたときに、男性から「女性らしくない」とか「妙なことを言うな」といった批判的な言葉を投げかけられることがあったりします。

ワークライフバランスが難しい

さらに、古い体質の職場では、女性が仕事と家庭を両立することが難しいとされていることがあり、女性が家庭の責任を負い、仕事の方は軽視されることがあるため、女性がキャリアアップを目指すことが困難になってしまいます。

以上のような理由から、古い体質の職場においては、優秀な女性が潰されることがあり、やがてその職場を去ってしまうことがあるということが言えます。

優秀な人が辞めた後の職場はかなり悲惨

優秀な人に見切られてしまった職場は、かなり悲惨です。

その人しかできない仕事も多い

優秀な人は職場で重要な役割を担っていることが多いため、彼らが辞めることで、職場に欠落が生じることがあります。彼らが持っていた専門知識やスキルは、簡単に他の人が代替することができないため、職場は大きな損失を被ることがあります。

効率や生産性の低下

優秀な人は、職場で問題を見つけたり、改善のアイデアを提案することが多いです。しかし、彼らが辞めた場合、その問題は解決されないままになり、職場の生産性や効率性が低下する可能性があります。また、彼らが提案した改善策が実行されずに終わることで、職場には機会損失が生じることがあります。

モチベーションの低下

優秀な人が辞めることで、残された従業員たちの士気が下がる可能性があります。優秀な人が辞めることで、彼らは職場が自分たちにとって最適な場所ではないと感じることがあります。

要するに「優秀な人に見切られるこの会社って、ヤバいんじゃないの?」ということです。

これによって、彼らは仕事に取り組む意欲を失い、職場の雰囲気が悪化する可能性があります。

見切りが早すぎるのも良くないことなのか

慎重な性格の方は、見切りが早すぎるのはリスクもあると考えるかもしれません。

もちろんリスクはゼロではありませんが、「ヤバい」という直感はたいてい当たるものなので、見切りが早いことは別に悪いことではありません。

プレッシャーから解放される

仕事や人間関係で悩んでいると、そのストレスやプレッシャーがたまり、精神的な疲れや不調を引き起こすことがあります。しかし、早めに見切りをつけて転職や人間関係の見直しを行うことで、そのプレッシャーから解放されることができます。

キャリアアップに繋がる

転職や新たな職場での挑戦は、キャリアアップにつながることがあります。今の職場でのスキルアップや経験を生かして、より成長できる環境に移ることで、自分自身が成長することができます。

特に未経験転職なら、若い方が圧倒的に有利なので、そういった意味でも、20代で優秀な人ほどあっさりと転職をすることが多いです。

環境の変化で成果が出ることがある

自分が思っている以上に、現在の職場の環境が自分に合わないことがあるかもしれません。しかし、新たな職場や環境での仕事は、自分にあったものである可能性があります。そういった環境の変化で、成果が出ることもあるのです。

職場に見切りをつけるべきタイミング。あなたも今の会社に見切りをつけた方がいいかも

もしかすると、あなたの置かれた状況も、見切りをつけるべきタイミングかもしれません。

自分のキャリアプランと会社の将来性が乖離してきたとき

自分が目指すキャリアと、現在の会社の将来性やビジョンが合わなくなってきたとき、転職を考えるタイミングとなる場合があります。

ストレスやモチベーションの低下が続いているとき

仕事に対するストレスがたまっていたり、モチベーションが低下している状態が続いている場合、その状態が続くと健康に悪影響を及ぼすことがあるため、自分の身体や精神面を考慮して転職を考えるタイミングとなることがあります。

市場環境の変化によって会社のビジネスモデルが脅かされたとき

例えば、競合他社の新規参入や新技術の発明、法改正など、市場環境の変化によって会社のビジネスモデルが脅かされた場合、自分自身のキャリアを守るためにも転職を考えるタイミングとなることがあります。

では見切りをつけた方が良い会社とは?

まともな人材が続々と辞めていく会社

まともな人材が続々と辞めていく会社は論外です。そんな会社では人材が枯渇し、最後に残るのは無能な従業員ばかり。そんな場で自分の能力を発揮できるわけがありません。自分のキャリアが大事なら、さっさと逃げ出すべきです。新人教育もろくにできないでしょうし、組織のレベルはどんどん下がっていく一方です。長期的に見て、企業価値も低下し、雇用の安定も望めないでしょう。

職場の人間関係が終わってる会社

職場の人間関係が最悪な会社は避けるべきです。人間関係が悪ければ、ストレスがたまり、仕事への意欲も失せます。情報共有や協力もままならず、組織効率も低下します。健康な職場を求めるなら、早く見切りをつけましょう。悪化した人間関係は精神的健康にも悪影響を及ぼし、退職や休職が増える原因にもなります。さらに、優秀な人材もそんな環境には長く居られず、結果的に企業全体のレベルも下がっていくでしょう。

長時間労働が当たり前の会社

過剰な労働が常態化している会社は地獄です。従業員の健康や生活を軽視し、無茶な労働を強いる会社は避けるべきです。長期的に見て、過労はパフォーマンス低下やイノベーション停滞を招きます。自分の人生を充実させるためにも、そんな会社からは逃げるべきです。また、社会的な問題にも発展し、企業の評判を損なう可能性があります。健康で働ける環境を求めるなら、見切りをつけるべきです。

経営陣が無能な会社

経営陣が無能で、ビジョンが不明確な会社には未来はありません。自分の将来を賭けて働く場所として選ぶべきではありません。経営陣が無能であれば、会社の経営方針も不安定であり、事業展開や戦略にも問題が生じるでしょう。そんな会社では、自分のキャリアやスキルが磨かれることは期待できません。長期的に見て、企業の競争力も低下し、市場から淘汰される可能性が高まります。自分の将来を見据えて、良い経営陣と明確なビジョンを持つ会社に移るべきです。

理不尽なほど給与が低い会社

従業員に対する報酬が低く、待遇が悪い会社は脱出すべきです。自分のスキルや経験に見合った報酬が得られない会社では、自分の価値を正当に評価されていないと感じます。結果として、モチベーションが下がり、パフォーマンスも低下します。また、低い報酬は経済的な不安を生み出し、生活の質にも影響を与えます。自分の将来と生活を守るために、報酬や待遇が良い会社を選ぶべきです。

仕事の割り振りがおかしい会社

仕事の割り振りがおかしく、責任や役割が明確でない会社も問題です。そんな会社では、効率的な業務遂行が難しく、自分の役割や評価基準が不明確になります。これは、結果的に自分のキャリア形成や評価に悪影響を与えるでしょう。また、仕事の進捗が遅れることで、企業全体の業績にも影響を与えます。自分のキャリアや評価を正当に築くためにも、仕事の割り振りが適切な会社を選ぶべきです。

新しいことにチャレンジできない会社

企業の成長が停滞している会社は遠ざかるべきです。成長が停滞している会社では、新たなチャンスやキャリアアップの機会が限られています。自分のスキルを活かせず、新しいことに挑戦する機会も得られません。これは、自分のキャリアやスキルの成長を妨げるでしょう。将来性を考慮し、成長やイノベーションに積極的な会社を選ぶべきです。そういった会社では、自分の能力を最大限に発揮できる環境が整っており、キャリアの幅も広がります。また、業界での競争力も維持でき、長期的に安定した雇用が期待できるでしょう。自分の将来とキャリアを大切にするなら、成長が停滞している会社からは見切りをつけて、新しい環境へ移るべきです。

優秀な人を真似て今の職場に見切りをつけるなら、絶対にやるべきこと【優秀な人はみんなやっている】

先に転職先を決めてから辞める

もし今の職場に見切りをつけるなら、先に転職先を決めてからやめるようにしてください。

優秀な人というのは必ずこれをやっています。

そもそも優秀な人はやめると決めたから行動するというよりも、「やめようかな」と思った時点で少しずつ行動を始めて、起き転職市場における自分の価値を図り、転職できそうだと思ったら本格的に行動を始めます。

そして、転職先が決まればスパッと辞めるのです。先に辞めてしまうのは絶対に避けましょう。

今の職場から逆算して、転職先の条件を明確にする

会社を辞める際には、ただ次の職場を探すのではなく、今の職場で何が足りないのか、自分がどのような環境で働くべきかを考えることが重要です。

優秀な人が辞める職場には共通の特徴があります。

したがって、長期的な成長が見込めない会社は、自分の成長を考える上で選択肢に入れるべきではありません。

また、成長の観点以外にも、ワークライフバランスの観点から残業が少ない会社を選ぶことも重要です。

退職することは誰にも悟られないようにする

優秀な人は、立ち振る舞いがうまいので、やめようと考えていることは、誰にも悟られることはありません。

もちろん、誰にも言いません。

誰かに伝わってしまったら、会社を辞めるまでの期間、働きづらくなってしまうことが明白です。

なので、基本的に社内の人に相談するのは絶対にNGです。

やめようと考えていること自体、誰にも気づかれないように、しっかりと振る舞うことが大切です。

情報収集のすすめ

ここ3ヶ月以内に、一瞬でも「会社辞めようかな…」とリアルに頭をよぎったことはありませんか?

なければ読み飛ばしていただいて構いませんが、もし「正直、環境を変えることも視野に入れている」という方は、この機会に小さな一歩で良いので何か準備を進めてみるのもおすすめです。

少なくとも「10年後も今の職場で働くつもりですか?」と聞かれて、ちょっと考え込んでしまうのであれば、いつでも転職できる体制作り(準備)くらいはしておいても損はないでしょう。

辞めようかなと考えている人の中には、限界が来てから行動を始める人が多いですが、意外とそれは失敗のもとです。「早く辞めたい」という気持ちが強すぎるほど、焦りで準備がおろそかになり選考に通らなかったり、判断を誤ってしまったりするからです。

準備はできるだけ心にゆとりがあるときにしておきましょう。

とはいえ、いきなり履歴書を書いたりなんてする必要はありません。おすすめの転職準備についてまとめておくので、チェックしてみてください。

転職サイトに登録しておいて、暇な時に求人を探す&スカウトを待つ

別に今すぐ転職はしないけど、良い所があれば考える、という方向け

別に今すぐ転職はしないけど、良い所があれば考えるという方は、転職サイト(求人サイト)がおすすめです。

イチ推しサイトは「Green」

Greenは、企業から直接スカウトが届く転職サイトです。営業やカスタマーサポート、ITエンジニア、マネージャーなど多様な求人を扱っています。

業界・職種

▼取り扱い業界
・IT/WEB、通信、インターネット系
・マスコミ、エンターテイメント、メディア系
・サービス系
・製造、メーカー系
・コンサルティング、リサーチ
・商社(卸売)、流通、小売り系
・金融、保険系
・不動産、建設系

▼取り扱い職種
・エンジニア、技術職(システム/ネットワーク)
・クリエイティブ職(Web)
・クリエイティブ職(ゲーム/マルチメディア)
・企画、マーケティング職
・営業職
・経営、CxO職
・経理、管理、バックオフィス職
・アシスタント、事務職、オフィスワーク
・サービス職
・専門職
・エンジニア、技術職(電気/電子/機械/半導体)
・建築建設、土木、プラント職

転職エージェントとは違うので、面倒な電話がかかってくることはありません。

Greenは企業の採用担当者から直接スカウトが届くのが魅力的で、利用者の6割以上がスカウト経由で転職しているようです。

「応募まではいかないけど気になる」という企業には「気になるボタン」で興味を伝えられ、企業側もあなたが気になるとなった場合は、カジュアル面談に進むこともできます。

このように、気軽に利用できる点がGreenの強みです。

また、写真が豊富に使われているのが特徴で、会社の様子をリアルにチェックできるのもポイントです

ちなみにGreenは転職お祝い金制度を設けており、Green経由の応募で採用が決まるとAmazonギフト券1万円分がもらえます。

登録から応募まで、利用は全て無料なので、ぜひ活用してみてください。

診断アプリで働き方や向いてる仕事を分析

「転職は考えてないけど、10年間も今の職場にいるのは流石に…」な方向け

注目のキャリア診断アプリ「ASSIGN(アサイン)」[PR]

転職は特に考えていないものの、漠然と「自分にはどんな職種や業界が向いているんだろう」という気持ちがある方は、キャリア診断アプリASSIGN(アサイン)を使ってみるのも面白いですよ。

ASSINはあなたの価値観や考えをもとに、向いている仕事・業界をAIが診断してくれるアプリです。

20~35歳向け求人サイトと連動しており、20,000人以上のキャリアデータをもとにAIが適正のある仕事や業界を提案してくれます。

全部で24問、2~3分あれば終わります

筆者(アラサー・地方大学卒)が診断してみた結果は、こんな感じでした。

仕事も大事ですが、プライベートも大事にしたい価値観が顕著に表れています…!

診断精度が高いなと感じたのは、性格や価値観をもとに分析すると「WEBメディアや広告代理店がおすすめ」と結果が出ている点。というのも、筆者自身、20代半ばくらいにWEBメディア運営にキャリアチェンジした経歴があるからです。

そういった情報は入力していないのですが、的確に診断されたので単純に凄いなと思いましたね。

診断系のアプリは意外と回答数が多くて面倒になりがちですが、ASSIGNは3~5分くらいで終わるので気軽です。

「どんな仕事が合っているのか」と視野を広げて知る機会になると思いますので、ぜひ試してみてください。

ミイダスの診断もおすすめ

ASSIGN以外だと、ミイダスという診断サイトもかなり面白かったですね。こちらも利用は無料です。

ミイダスには「コンピテンシー診断」という診断が用意されています。これは質問に答えるだけで、あなたの性格ストレスを感じやすい職場環境の条件相性の良い上司・悪い上司の条件向いている仕事などを分析してくれるというものです。

バイタリティや人当たり、協調性など、性格がデータで分かる

こちらは結構本格的な診断で、所用時間は10~15分ほど。NTTデータ経営研究所などの専門機関も共同開発している”しっかりめの診断”です。

気軽に、とはいきませんが、「心理テスト感覚ではなく、しっかりデータと根拠に基づいた診断をしたい」という方には非常におすすめです。

さいごに

優秀な人が見切りをつけるのが早い理由を解説しました。

一言で言うと、合理的な思考を持ち、周りに流されないので、周囲がびっくりするくらいスパッと辞めることができるといった感じです。

もし今の職場から優秀な人が辞めていっているのであれば、あなたも危機感を持った方が良いかもしれません。

▶あなたに向いてる仕事・業界が3分でわかる
AIキャリア診断アプリASSIGN(無料)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次