仕事ができない人は顔つき・見た目で一目瞭然【仕事できる優秀な人と全く違う】

仕事ができるかどうかは、見た目にはっきりと表れます。正直な話、仕事ができない人は顔つきを見れば一目瞭然です。

顔つきというのは、その人の置かれた環境によって変わってくるからです。

例えば、商談やプレゼンなど、常に高いレベルの緊張感のある環境に置かれるような人は、顔もシャキッと引き締まって背筋もピシッと伸びる状態が当たり前になります。
常に高いレベルの課題があり、それに取り組んでおり、そしてそれを乗り越えた時の自信が表情に表れるようになるのです。

一方、普段からだらだらと適当に仕事をしている人は、仕事に対する姿勢が見た目に出ます。

顔が整っているかどうかは別に関係がなくて、イケメンでも「仕事ができなさそう」という人はいますね。

この記事はちょっと長いですが、仕事ができない人あるあるを全部盛り込んでいます(顔つき、見た目、言動、性格など)ので、今後の仕事や職場の連携で参考になる部分は多いはずです。

後半では「じゃあ反対に仕事ができる人の顔つきや見た目の特徴はどんなの?」や「仕事ができない人とどう接すればいいのか」というところまで解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

目次

仕事ができない人の顔つきの特徴・共通点

まずは「この人、明らかに仕事できないだろうな~」と思われる人の共通点を解説します。

目が死んでいる。まぶたが重く、目に活力がない

仕事ができない人は、だいたい目が死んでますね。まぶたが重くて、目に活力がありません。

周りから見ると、すごく無愛想で不機嫌に見えますし、「つまらないな」と思いながら仕事してそうですよね。

仕事ができる優秀な人は、バイタリティに溢れていて、顔つきがイキイキとしています。しかし、仕事ができない人はその逆で、目から生気を感じません。

口がいつもぽかんと開いている

仕事ができない人は、ふと顔をみるといつも口がぽかんと開いています。

口元に締まりがなく、だらしない印象を受けますよね。

やる気がなさそうに見えますし、なんとなく「この人に大事な仕事を任せて大丈夫だろうか」と不安にすらなります。

仕事ができる優秀な人は、常に口元がキュッとしまっていて凛々しい感じがします。しかし、仕事ができない人は、気が付いたら口をぽかんと開けてしまっていることが多いです。

口角が下がっていて不機嫌そう

仕事ができない人は、たいてい口角が下がっていて、いつも不機嫌そうです。

初対面でネガティブな印象を与えますし、機嫌が悪そうに見えるので、場にいるだけで空気が悪くなります。

仕事ができる優秀な人は、常に人当たりの良い笑顔で自分が相手からどう見えているかを意識しています。
しかし、仕事ができない人は普段から話す時も、意識的に笑って雰囲気を良くしようといった配慮がなく、むすっとした表情で喋っていることがよくあります。

常に目線がキョロキョロしている

仕事ができない人は常に目線がキョロキョロしています。

自分の行動に自信がなく、常に周りを伺っていないと気が済まないからです。

目元は思った以上に、人間の心理状態を表すのです。

仕事ができる優秀な人は、自分に自信があるので、常にどっしりと構えていますし、人の目を見てハッキリと喋りします。

しかし仕事ができない人は、誰かと話す時も目線が常に動くため、相手の目を見て話すことができません。
そのため、なんとなく信用できなさそうな印象を与えてしまいます。

頬がたるんでいる

頬のたるみは年齢とともに仕方ないかもしれませんが、それでも仕事ができない印象を与えます。

これもやはり、「だらしがない」「不機嫌そう」といったネガティブな印象に作用します。

仕事ができる優秀な人は、顔つきが引き締まった人が多いですが、これはやはり自己管理の上手が影響していると考えられます。仕事を的確に進めていける能力があるわけなので、身体や食生活の自己管理も完璧というわけですね。なので引き締まった顔つき・体つきになります。

ですが、仕事ができない人は自己管理が下手な人が多く、ほっぺたに贅肉がついていて、ダルンとしていたり、だらしないと言われるような体型をしていたりします。

ヘラヘラしていたり、半笑いだったりすることが多い

仕事ができない人の顔つきをよく見ると、いつもヘラヘラしていたり、半笑いだったりすることが多いです。

これは自信のなさの表れと言えます。常に周りの顔色をうかがいながら生活しており、何かあると笑ってその場を乗り切ろうとします。

仕事ができる優秀な人は表情がキリっとしていて、ヘラヘラ笑うようなことはありません。

しかし仕事ができない人は、愛想よくするというのとはまたちょっと違った卑屈な笑い方だったり、ニヤニヤした笑い方で、相手に不快感を与えることも。
本人にそのつもりはないのに、小馬鹿にしていると思われることすらあります。

眉間にしわがよっている

仕事ができない人は、いつも不機嫌そうです。眉間にシワが寄っていて常に怪訝な表情をしています。

やはりこちらも、第一印象から親しみやすさは皆無ですね。

仕事ができるひとは、凛々しい顔つきながら目元は柔和で、人当たりの良いまなざしで相手とアイコンタクトをします。

しかし仕事ができない人は、相手と壁を作ってしまうような表情を無意識にしてしまっているのです。

仕事ができない人というのは、客観性をあまり持ち合わせていません。「自分がどう見られているか」や「どういった印象を与えているか」というところに無頓着なのですね。

退屈そうな表情

仕事ができない人は、いつ見ても退屈そうです。

暇そうだったり、寝不足だったりといった感じで、目の前の物事に集中していない表情ですね。サボっているように見えて、かなり印象が悪いです。

重要で責任のある仕事ほど面白いもので、そうでない仕事はけっこう単調だったりします。仕事ができないと重要な仕事を任されることはありません。それゆえに、いつも退屈な仕事ばかりしていて、更にいつ見ても怠そうにしているので、重要な仕事を任されない、という悪循環にさえ陥ります。

リアクションが薄い。無表情で、感情が分からない

仕事ができない人は総じてコミュニケーションが苦手な傾向にあります。

そしてコミュニケーションが苦手な人はリアクションが薄く、無表情で感情がわかりにくいといった特徴があります。

相槌やリアクションが薄いため、相手からすると「自分の話を聞いているのか」「話を切り上げたいのだろうか」などの印象を与えてうまく会話が続きません。

また、表情がいつも変わらないため、不気味で近寄りがたい印象を与えます。

コミュニケーションをとりながら進めていく仕事の場においては、関わりづらいと思われるのは致命的です。

また表情がいつも変わらないので不気味近寄りがたいといった印象を与えてしまいます。

仕事ができない人は、見た目に気を遣えない

仕事ができない人には、見た目に対する意識が低い傾向があります。その特徴は以下のように現れます。

髪がボサボサで清潔感がない

仕事ができない人は、髪の毛がボサボサで清潔感に欠けることがあります。

寝癖がついていたり、整髪料を使っていなかったりして、髪を整えることがおろそかになってしまっています。

社会人としては、髪を整えることが基本的なマナーですが、彼らは自分がどう見られているかに気づいていないようです。

メイクが適当で興味もない

女性の場合、仕事ができない人の特徴として、適当なメイクが挙げられます。

ここで言う「適当なメイク」とは、ナチュラルメイクではなく雑な仕上がりのことです。

仕事ができない人は、メイクに興味が薄く、自分の見た目に対してあまり気を配っていないため、野暮ったく、垢抜けていない印象を与えます。

スーツがよれよれ・サイズが合っていない

仕事ができない人の特徴のひとつに、服装が挙げられます。よくあるのが、スーツがよれよれでシワだらけの状態です。

シャツもよれていたり、洋服の手入れを怠っていたりします。また、ファッションセンスが乏しく、サイズが合っていない服を着ることが多いです。

サイズ感は、周りから見ても重要な要素であり、だぼだぼの服装は幼稚な印象を与えます。

姿勢が悪い

仕事ができない人は、悪い姿勢が目立ちます。顎が上がっていたり、首が前に突出していたりすることがあります。これは長時間デスクワークをしている影響もあるでしょう。

しかし、本人は悪い姿勢が当たり前になっているため、周りからは「しゃきっとしていない」「だらしない」といった印象を与えてしまいます。

姿勢は無意識のうちに崩れるので、自分自身で意識して治さなければなりません。

最低限の身だしなみもできていない人も

仕事ができない人の中には、以下のような「最低限のレベルに達していない」人も少なくありません。

  • 髭を剃っていない
  • 鼻毛が出ている
  • シャツの襟が汚れている
  • ハンカチを持っていない
  • 体臭に無頓着

このような清潔感の欠如につながる要素は、ビジネスシーンにおいて必ずなくさなければなりません。

仕事ができないのが顔つきにあわられる根拠

仕事ができないことは顔つきに出る、というのにはしっかりとした根拠があります。

自分を客観視する習慣がないから

仕事ができない人が顔つきや見た目に特徴が現れる理由は、自分を客観視する習慣がないからです。

彼らは自分が周りからどう見られているかという意識が薄く、表情や見た目の清潔感に注意を払わない傾向にあります。

鏡を見ることが少なかったり、新しい洋服を買うことに抵抗があったりする場合もあります。

さらに、自分の容姿やファッションに対する評価が低いことに気づいていない可能性すらもあります。

優先順位の付け方が下手だから

仕事ができない人は、目の前の仕事や会社全体の状況を把握し、どこにエネルギーを注ぐべきかという判断が苦手です。
優先順位付けが下手なので、仕事の進め方もうまくありません。

そしてこれは、顔つきや見た目にも影響しています。

顔つきや見た目は実際に非常に重要で、人間関係や信頼に大きく関わります。しかし、仕事ができない人は、このことに気づかず、後回しにしてしまうんですよね。

自己管理ができていないから

仕事ができない人は、仕事の進め方や時間管理などの自己管理ができていないことが多いです。そのため、見た目やファッションにまで気を配る余裕がなくなります。

これは、体型や顔つきがだらしなくなったり、清潔感が欠ける見た目につながります。

プロ意識に欠けているから

仕事ができない人は、プロ意識に欠けることが多いです。

彼らは仕事を適当にこなすことが多く、ビジネスマナーに対する意識が低いため、見た目にも影響が出ることがあります。

プロ意識の高い人は、自分の容姿や服装に気を使い、職場での印象を大切にします。彼らは、髪型やネクタイの締め方、シャツのアイロンがけなど細部まで気を配り、プロフェッショナルな印象を与えることができます。

ですが仕事ができない人は、細部までこだわるプロ意識がないので、そういった部分に意識が向くことがありません。

日常的なコミュニケーションが不足しているから

仕事ができない人が顔つきや見た目に特徴が現れる原因として、普段からコミュニケーションが不足していることが挙げられます。

仕事ができない人は、日常的に友人や恋人、家族との関わりを持つことが少なく、自分が話している相手からどう見られているかといったことを考える時間が足りません。

また、自分の顔つきや体型がちょっと太ってきたといったことを指摘してくれる人もいないため、自分では気づかないまま年月が経過してしまうこともあります。

これらの理由から、仕事ができない人は顔つきや見た目に特徴的な印象を持つことがあります。

仕事ができない人は「でも」「だって」が口癖

仕事ができない人の口癖には以下のような共通点が見られます。

  • 「でも…」:反論や言い訳が多い
  • 「だって」: 自分を正当化する
  • 「知らないのでできません」: 教えてもらってできるようになるという積極性がない
  • 「言われてないのでできません」: 指示待ち
  • 「(分かってないのに)分かりました」: とりあえず返事
  • 「頑張ります」: やる気だけはある
  • 「気を付けます」: 改善に具体性がない
  • 「○○のせいで」: 全て他人のせい

どれも共通して自己責任を回避し、問題解決能力が不足していることや、自己改善の意識が低いことなどを示しており、仕事ができない人の特徴を反映しています。

仕事ができない人に共通する性格

仕事ができない人は、性格的な共通点も多いです。

責任感の欠如

仕事ができない人は、自分の仕事に対する責任感が低い傾向があります。そのため、タスクの達成や期限を守ることに対する意識が低く、成果が出ないことが多いです。

例えば、プロジェクトが遅れた際に、自分の責任を棚に上げ他人に責任を押し付けるような行動が目立ちます。

自己中心的思考

仕事ができない人は、自分の意見や考え方を押し通す傾向があり、他人の意見を受け入れる柔軟性が低いです。

これはチームでの協力や共同作業に悪影響を及ぼすことがあります。例えば、自分の考えを正しいと信じて疑わず、他者の提案や改善点に耳を傾けない態度などが挙げられます。

指導されても、すんなり受け入れないんですよね。

即断力や決断力の欠如

仕事ができない人は、迅速に状況を判断し、適切な決断を下す能力が低いことが多いです。そのため、問題解決や効率的な業務遂行が難しくなります。

具体的には、緊急時の対応が遅れることが多く、結果として損失や遅延が発生することがあります。

積極性や主体性の欠如

仕事ができない人は、自ら進んでタスクに取り組む姿勢が欠けていることが多いです。指示待ちの状態で、自ら問題を見つけて解決しようとする意欲が低いため、業務が滞ることがあります。

例えば、部署内で改善すべき点があっても、上司からの指示がないと行動を起こさないといった様子が見られます。

コミュニケーション能力の低さ

仕事ができない人は、他人とのコミュニケーションが苦手で、意見の相違やトラブルを円滑に解決できないことが多いです。コ

ミュニケーション能力が低いことで、他人との協力や情報共有がスムーズに行えず、業務遂行に支障をきたすことがあります。具体的には、メールや会話での要点の伝達が不十分であったり、人間関係のトラブルを招くような言動が見られることがあります。

仕事ができない人は病気なのか

これ、よく言われることがあるんですが、結論、事実と異なります。

発達障害は、言語、運動、社会性、学習などの発達が遅れるか、不十分であることを指しますが、仕事ができない人が必ずしも発達障害を持っているとは限りません。

仕事ができない人の理由は多岐にわたります。例えば、十分な研修や教育が受けられていないことや、適切な指導が得られていないことも、仕事ができない一因となります。

また、環境や人間関係、ストレスなども影響します。発達障害を持つ人も仕事ができる場合があり、適切なサポートや理解があれば十分に職場で活躍できます。

したがって、「仕事ができない人は発達障害だ」という意見は偏見に基づくものであり、根拠が不十分です。

さて、ここまでは仕事ができない人の特徴を挙げましたが、では仕事ができる優秀な人はどんな顔つきと言えるのでしょうか。ここを押さえておけば、既に仕事ができるであろうあなたの印象も今以上にアップするはずです。

仕事ができる男性の顔つきの特徴・共通点

仕事ができる男性の顔つきには、次のような共通点があります。

口角が上がっている

仕事ができる優秀な人は、いつだって上機嫌です。本当はしんどい気持ちがあったとしても、それを表に出すことはありません。

常に口角が上がっていて、周りの人と朗らかにコミュニケーションを取っています。

不機嫌そうな要素がたくさんあった仕事ができない人とは全く違いますね。

顎ラインがシュッとしている

仕事ができる優秀な人は顎ラインがシュッとしていることが多いです。

要するに、無駄なぜい肉がなく、口周りも締まっているため、シャープな顔つきになるというわけですね。

自己管理を徹底している人も多く、体脂肪も低めであるということも影響しています。

誰が見ても清潔感がある

仕事ができる優秀な人は、誰が見ても満場一致で清潔感があります。
ここで大事なのは清潔です。清潔であることと、清潔感があることは違います。

たとえ髪をしっかり洗っていても、バサバサに乾かした状態なら、清潔感は出ません。

具体的な清潔感を出す要素としては、男性の場合は次のようなものが挙げられます。

  • 青ひげがない
  • 襟足が短い
  • 前髪が重くない
  • 歯が白くて綺麗

仕事ができる優秀な人は、細部まで身だしなみをしっかり整え、清潔感を常に与えられるような見た目をしています。

仕事ができる女性の外見・見た目の特徴

仕事ができる女性は、外見に細部まで気を配っている人が多いです。

清潔感がある

髪型やメイクが整っており、服装もきちんとアイロンがかけられているなど、全体的に清潔感が漂っています。

また、手指の爪も適切な長さに整えられ、清潔で手入れが行き届いている印象を与えます。このような清潔感は、相手に対して誠実で信頼できるイメージを与えるため重要です。

姿勢がスラリとしている

仕事ができる女性は、背筋が伸びた立ち姿や、適切な座り方ができるなど、姿勢が良いことが印象的です。

良い姿勢は自信に溢れている印象を与え、相手に信頼感を与えることができます。

また、良好な姿勢は健康的な印象を与え、集中力が持続するのにも影響します。

アクセサリーや小物の使い方がうまい

仕事ができる女性は、適度なアクセサリーや小物を使用し、全体のコーディネートに一体感を持たせています。

派手すぎず、控えめなアクセサリーを選ぶことで、プロフェッショナルな印象を与えます。

さらに、小物の中でも機能性を重視し、例えば手帳やペンケースなどのアイテムを上手に活用して、効率的な仕事ぶりをアピールできます。

落ち着いた色使い

服装の色使いが落ち着いており、無難な色を選んでいることが多いです。

これは、相手に与える印象を重視しており、自分の存在を主張するよりも、周囲と調和し、仕事を円滑に進めることを優先していることの現れでもあります。

仕事ができない人に共通する話し方

仕事のできなさは、顔つきだけでなく声にもあらわれます。

聞き取りにくい小さな声

仕事ができない人は、声が小さく話すことが多く、聞き取りにくい場合があります。彼らはぼそぼそと話し、周りが注意して聞かないとコミュニケーションが円滑に進みません。

悪いことに、彼ら自身は十分に声を出していると思っており、周りから指摘されない限り自覚がないことが多いです。

異常に早口

仕事ができない人の中には、話すスピードが異常に早い人がいます。彼らは自分のペースで話し、周囲や聞き逃すリスクを考慮していません。つまり、自分のペースで周りを置いてけぼりにする傾向があります。

滑舌が悪い

仕事ができない人の一部は、舌足らずで滑舌が悪いという特徴を持ちます。時折何を言っているのか分からない場面があり、スムーズな情報伝達が難しくなります。

声が大きすぎる

仕事ができない人の中には、TPOに明らかにそぐわない声量で話す人も少なくないですね。

周りのことが見えていない証拠と言えます。また仕事の重要な情報を、不特定多数の人が聞こえるボリュームで話すなど、危機意識に欠けることもあります。

自分の仕事ぶりを過剰にアピールする人ほど仕事ができない

ちなみにですが、仕事ができない人ほど、自分の仕事ぶりをアピールする傾向にありますね。

アピールすることばかりに意識が向いている

自分の仕事ぶりを過剰にアピールする人は、そのアピールに多くの時間と労力を費やすことがあります。

これでは、本来の業務に集中すべき時間を削ってしまい、結果として効率性が損なわれます。

自己中心的なコミュニケーション

過剰なアピールは、自己中心的な振る舞いですよね。

仕事ができる人は、他者との協力やチームワークを重視し、自分だけでなく他人の意見や貢献も評価することが重要です。

しかし、過剰なアピールは、自分以外の意見や貢献を無視し、チームの一体感や連携を損ねるものですので、輪を乱す存在となります。

長期的な視点がない

自分の仕事ぶりを過剰にアピールする人は、短期的な成功に対する依存が強い傾向があります。

彼らは、短期的な評価や周囲の目を気にし、長期的な視野が欠けていることが多いです。対して、仕事ができる人は、短期的な成功だけでなく長期的な成果や持続可能性を重視します。

自己評価と他者評価の乖離

過剰にアピールする人は、自己評価が高く、他者評価との乖離が生じることがあります。

自己評価が高くなりすぎると、自分の能力や業績を過大評価し、他者からのフィードバックや指摘を受け入れにくくなります。

一方、仕事ができる人は、自己評価と他者評価のバランスを保ち、自分の弱点や改善すべき点に対して柔軟に対応します。

仕事ができない人が職場でやりがちなこと

仕事ができない人というのは、仕事の進め方がみな共通して上手くありません。

こだわり過ぎるポイントがズレている

仕事ができない人は、どうでもいい部分にこだわりがちです。

例えば、プレゼン資料を作成する際に、プレゼンの内容よりもフォントや文字の位置といった完成度に直接関係しない部分に時間をかけ、本来の仕事である内容を充実させる部分に手が回らなかったりします。

これは、優先順位の付け方が下手だったり、その仕事において何が重要かを見極める力が不足しているためです。

話が長く、要点が定まらない

仕事ができない人は、話が長くなりがちで要点が定まらないことが多いです。

これは、物事の本質をつかむ能力が不足しており、何が重要で何が重要でないかといったことが把握できないためです。彼らは、要点を明確に伝えることが難しく、リスナーにとって理解しにくいコミュニケーションとなることがあります。

仕事ができない人にイライラする、優しくできないのは当たり前

職場に一人はいる仕事ができない人。ある程度できる人から見ると、時にイライラさせてしまうような振る舞いをしていることもあります。

成果の遅れや低下

仕事ができない人がチームにいると、プロジェクトの進行が遅れたり、成果が低下したりすることがあります。このような状況は、他のチームメンバーに余計な負担やストレスを与え、イライラする原因となります。

コミュニケーションの問題

仕事ができない人は、コミュニケーション能力が低いことがあります。これにより、誤解や不明確な情報伝達が生じ、効率的なコミュニケーションが妨げられます。これは、他のメンバーが追加の労力を費やして問題を解決しなければならず、イライラが生じる原因となります。

責任感がない

仕事ができない人は、責任を取らず、問題が発生した際に言い訳や他人への責任転嫁をすることがあります。

これは、チーム内で責任の所在が不明瞭になり、他のメンバーが不必要な責任を負わされることにつながり、イライラを引き起こします。

周りが尻拭いしなければならない

仕事ができない人は、タスクに対する取り組み方が効率的でなかったり、優先順位が正しくないことがあります。これにより、他のチームメンバーが余計な手間をかけて対処しなければならず、イライラが生じることがあります。

モチベーションの低下

仕事ができない人が周囲にいると、その人の態度や行動が他のチームメンバーのモチベーションを低下させることがあります。これは、チーム全体の生産性や士気に悪影響を与え、イライラが生じる原因となります。

仕事ができない人との接し方はどうすればいいのか

仕事ができない人が改善する可能性は十分にあり、適切な指導やサポートが提供されれば、彼らも成長し、仕事ができるようになるはずです。

個々の能力や特性を理解する

指導者としては、1対1の面談やスキルアセスメントを通じて、仕事ができない人の得意分野や苦手分野を把握します。

仕事ができないのではなく、単に苦手というケースもあり、担当業務が変われば力を発揮することも少なくありません。

また、性格やコミュニケーションスタイルについても理解し、適切な環境やサポートが提供できるように努めましょう。

強みを活かす

強みを活かすためには、従業員の能力や経験を詳細に把握し、それに応じた役割やタスクを割り当てる必要があります。

例えば、営業が苦手な従業員は、データ分析やマーケティング戦略のような裏方の仕事に従事させることで、彼らの強みを活かすことができます。

目標設定とフィードバック

具体的な目標設定を行い、定期的な進捗確認や評価を実施します。

また、具体的かつ建設的なフィードバックを提供し、問題点や改善策を明確に伝えることで、仕事ができない人でも自己改善のための具体的な行動を起こしやすくなります。

情報収集のすすめ

ここ3ヶ月以内に、一瞬でも「会社辞めようかな…」とリアルに頭をよぎったことはありませんか?

なければ読み飛ばしていただいて構いませんが、もし「正直、環境を変えることも視野に入れている」という方は、この機会に小さな一歩で良いので何か準備を進めてみるのもおすすめです。

少なくとも「10年後も今の職場で働くつもりですか?」と聞かれて、ちょっと考え込んでしまうのであれば、いつでも転職できる体制作り(準備)くらいはしておいても損はないでしょう。

辞めようかなと考えている人の中には、限界が来てから行動を始める人が多いですが、意外とそれは失敗のもとです。「早く辞めたい」という気持ちが強すぎるほど、焦りで準備がおろそかになり選考に通らなかったり、判断を誤ってしまったりするからです。

準備はできるだけ心にゆとりがあるときにしておきましょう。

とはいえ、いきなり履歴書を書いたりなんてする必要はありません。おすすめの転職準備についてまとめておくので、チェックしてみてください。

転職サイトに登録しておいて、暇な時に求人を探す&スカウトを待つ

別に今すぐ転職はしないけど、良い所があれば考える、という方向け

別に今すぐ転職はしないけど、良い所があれば考えるという方は、転職サイト(求人サイト)がおすすめです。

イチ推しサイトは「Green」

Greenは、企業から直接スカウトが届く転職サイトです。営業やカスタマーサポート、ITエンジニア、マネージャーなど多様な求人を扱っています。

業界・職種

▼取り扱い業界
・IT/WEB、通信、インターネット系
・マスコミ、エンターテイメント、メディア系
・サービス系
・製造、メーカー系
・コンサルティング、リサーチ
・商社(卸売)、流通、小売り系
・金融、保険系
・不動産、建設系

▼取り扱い職種
・エンジニア、技術職(システム/ネットワーク)
・クリエイティブ職(Web)
・クリエイティブ職(ゲーム/マルチメディア)
・企画、マーケティング職
・営業職
・経営、CxO職
・経理、管理、バックオフィス職
・アシスタント、事務職、オフィスワーク
・サービス職
・専門職
・エンジニア、技術職(電気/電子/機械/半導体)
・建築建設、土木、プラント職

転職エージェントとは違うので、面倒な電話がかかってくることはありません。

Greenは企業の採用担当者から直接スカウトが届くのが魅力的で、利用者の6割以上がスカウト経由で転職しているようです。

「応募まではいかないけど気になる」という企業には「気になるボタン」で興味を伝えられ、企業側もあなたが気になるとなった場合は、カジュアル面談に進むこともできます。

このように、気軽に利用できる点がGreenの強みです。

また、写真が豊富に使われているのが特徴で、会社の様子をリアルにチェックできるのもポイントです

ちなみにGreenは転職お祝い金制度を設けており、Green経由の応募で採用が決まるとAmazonギフト券1万円分がもらえます。

登録から応募まで、利用は全て無料なので、ぜひ活用してみてください。

診断アプリで働き方や向いてる仕事を分析

「転職は考えてないけど、10年間も今の職場にいるのは流石に…」な方向け

注目のキャリア診断アプリ「ASSIGN(アサイン)」

転職は特に考えていないものの、漠然と「自分にはどんな職種や業界が向いているんだろう」という気持ちがある方は、キャリア診断アプリASSIGN(アサイン)を使ってみるのも面白いですよ。

ASSINはあなたの価値観や考えをもとに、向いている仕事・業界をAIが診断してくれるアプリです。

20~35歳向け求人サイトと連動しており、20,000人以上のキャリアデータをもとにAIが適正のある仕事や業界を提案してくれます。

全部で24問、2~3分あれば終わります

筆者(アラサー・地方大学卒)が診断してみた結果は、こんな感じでした。

仕事も大事ですが、プライベートも大事にしたい価値観が顕著に表れています…!

診断精度が高いなと感じたのは、性格や価値観をもとに分析すると「WEBメディアや広告代理店がおすすめ」と結果が出ている点。というのも、筆者自身、20代半ばくらいにWEBメディア運営にキャリアチェンジした経歴があるからです。

そういった情報は入力していないのですが、的確に診断されたので単純に凄いなと思いましたね。

診断系のアプリは意外と回答数が多くて面倒になりがちですが、ASSIGNは3~5分くらいで終わるので気軽です。

「どんな仕事が合っているのか」と視野を広げて知る機会になると思いますので、ぜひ試してみてください。

まとめ

仕事ができないと言うのは、顔つきにはっきりと現れます。

自分が相手にどう見られているか、どういった印象を与えているかといったところに無頓着だからというのが一番の原因ですね。もし仕事ができない人との関わり方に難しさを感じたら、なるべく遠くから関わらないというのもアリだと思います。

▶あなたに向いてる仕事・業界が3分でわかる
AIキャリア診断アプリASSIGN(無料)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次